ホーム | 日系社会ニュース | 国家移民審議会が新方針=デカセギ対策にも乗り出す=在外伯人の避難所創設へ

国家移民審議会が新方針=デカセギ対策にも乗り出す=在外伯人の避難所創設へ

ニッケイ新聞 2008年4月11日付け

 ブラジル日本商工会議所の企業経営委員会(石川清治委員長)主催の、国家移民審議会のパウロ・セルジオ・デ・アウメイダ会長ら七人によるブラジルの出入国管理に関するセミナーが行われ、約七十人が参加した。
 第一部で日系社会の専門家からデカセギの現状に関する説明を受けた同審議会メンバーは、在外ブラジル人の避難所ともいえる「カーザ・ド・ブラジル」を創設するなどの出移民政策のアイデアを紹介するなど意見交換をした。移民行政機関の長と日系社会の専門家が、デカセギ問題を直接論じ合うのは初めて。
 本来は国内の入移民政策を取りしきってきた同審議会だが、昨年来、労働大臣の意向で、出移民して国外就労するブラジル人をも業務の管轄とする方針に変更されてきた。
 そのため、国外就労者情報センター(CIATE)の佐々木リカルド弁護士、文化教育連帯協会(ISEC)の吉岡黎明理事長、同メンバーの渡部和夫元判事から、デカセギの現状に関する説明を受けた。
 アルメイダ会長は「政府は在外労働者の問題に注目している。何が起きているか、何ができるか、は最大の関心事と言っていい」と語った。
 従来はイタマラチー(伯国外務省)が中心となって対策を講じてきた在外ブラジル人問題だが、労働省の立場から問題解決への検討を始めたという。手初めに昨年、外国生活の注意事項を記した小冊子「外国のブラジル人」を十万部つくり、パスポート発行時に無償配布を始めた。
 審議会の役割変更を明確にするために、「Conselho Nacional de Imigracao」から「Conselho Nacional das Migracoes」(国家出入移民審議会)に変更して、新しく学術関係者も入れる改正案も提出し、連邦議会での承認を待つばかりになっているという。
 ブラジル工業連盟(CNI)のクリスチーナ・リマ代表は、審議会には教育省代表もいることから「子弟の教育問題なども国家的に取り組んでもよいのでは」との意見をのべた。
 イタマラチーに働きかけ、ボリビアとの二国間協定で相互に無資格滞在者に合法永住資格を与えるという新しい動きも主導した。フォルサ・シンジカルのエリアス・フェレイラ代表は「ボリビア人三万人を合法化したが、まだ八万人も残っている。これは社会にカオス(混沌)を作ることであり、なんらかの合法化対策を考えなくては」と語った。
 第二部では、同審議会本来の職務である外国人受け入れ方針について、アウメンダ会長が説明した。
 国家商業連盟(CNC)のマルジョライネ・ド・カント代表は「いろいろなことを学ばせてもらった」とし、アルメイダ会長は「全く知らなかったコムニダーデの現実を知ることが出来た。大変有意義な会合になった」と感謝し、今後の審議に役立てると語った。
 なお、ニッケイ新聞の取材に対し、九八年に出されたアネスチア(無資格滞在外国人に永住権を与える恩赦)から十年が経過した件についてアルメイダ会長は、「それは法務省の管轄だ。私は出るかどうか知らない」と答えた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 軽業師竹沢万次の謎を追う=サーカスに見る日伯交流史=第15回=「オリメシャ」とは誰か?2016年3月4日 軽業師竹沢万次の謎を追う=サーカスに見る日伯交流史=第15回=「オリメシャ」とは誰か?  ブラジルの竹沢万次の消息を探して、ネット検索を続けるうちに、なんと、今まで日本移民史にはまったく現れてこなかった日本人軽業師の名前が出てきた。 論文『(芸術、サーカスと体育)』(Unicamp、マリアナ・ロドリゲス・マエカワ論文、06年)によれば、ブラジルにおけるサーカスの歴 […]
  • 《ブラジル》世界で4冊目の日葡辞書発見=白井、田代両氏がリオで=1603年に長崎で出版2018年10月10日 《ブラジル》世界で4冊目の日葡辞書発見=白井、田代両氏がリオで=1603年に長崎で出版  「南米にはないと思われていたキリシタン版『日葡辞書』を9月17日、リオ国立図書館で発見しました」――5日、サンパウロ州立総合大学(USP)東洋学科の田代エリザ准教授と信州大学の白井純准教授が来社し、そう語った。「キリシタン版」とは1600年前後に長崎でイエズス会が発行 […]
  • 呉屋会長2015年7月7日 ごあいさつ 移民の日にあたって=ブラジル日本文化福祉協会会長 呉屋 春美  1908年に日本移民がブラジルに移りきて、今年で107周年を迎えます。今日の日系社会が存在するのは私共の先輩方のご苦労の賜物であります。開拓先亡者の御霊に対して心より哀悼と感謝の意を表する次第であ […]
  • パラナ商工会議所2011年10月8日 パラナ商工会議所 ニッケイ新聞 2011年10月8日付け Estimados amigos, É com imensa tristeza e infelicidade que vimos por meio desta comunicá-los sobre […]
  • 20日は黒人の意識高揚の日=進まないキロンボの土地認定2013年11月30日 20日は黒人の意識高揚の日=進まないキロンボの土地認定 ニッケイ新聞 2013年11月20日  今日20日は、黒人の歴史や文化、権利などを大切にするために制定された「黒人の意識高揚の日(Dia da Conciencia […]