ホーム | 日系社会ニュース | 8割が日系人の伯国貢献を評価=外務省・対日世論調査=「両国の架け橋」と認める=「日伯関係は友好的」74%=3都の伯人1千人を対象

8割が日系人の伯国貢献を評価=外務省・対日世論調査=「両国の架け橋」と認める=「日伯関係は友好的」74%=3都の伯人1千人を対象

ニッケイ新聞 2008年4月15日付け

 移民百周年(日伯交流年)の機会に、日本国外務省が今年一月に行った「ブラジルにおける対日世論調査」(十一日発表)によれば、七四%が日伯関係は友好的であると考え、約九割が今後の両国関係は強化・維持されると認識していることがわかるなど、ブラジルにおいて日伯関係は非常に肯定的なイメージがあることが改めて確認された。このような日本に対する高評価の背景として、日本のブラジル経済発展への貢献(七二%が肯定回答)に並んで、日系人のブラジル社会における貢献(八一%が肯定的回答)が大きな要因であることが示された。日伯の架け橋を任ずる日系社会の面目躍如ともいえそうな調査結果となった。
 ブラジルの民間調査機関IBOPE社に依託し、サンパウロ、リオ、ブラジリアの三都における一般市民約千人に対面調査する形で今年一月に実施した。
 「日伯関係」では、七八%が日本を信頼すると回答している。
 四六%がアジアで将来有望視できる国として日本を挙げており、中国の四五%、インド一一%を上回る。ブラジルが関係強化すべき国として、米国の四五%についで日本(三四%)を挙げており、中国は二〇%だった。
 経済関係においては、七二%が日本はブラジルの経済発展に貢献していると考えている。九一%が日本企業のブラジル進出を歓迎している。
 よく知られている国として、米国(七八%)についで日本(五八%)、中国(二七%)があげられた。日本に関する情報源はテレビ(七二%)、インターネット(三〇%)が多い。
 日本に期待することとして科学技術の知識(四六%)が最も高い。日本文化の中で最も関心がある分野は日本料理(三一%)が最多で、日本建築と日本庭園(二五%)、スポーツ(二二%)となっている。
 日本人に対するイメージは献身的・努力家(四五%)、能率的(三七%)、礼儀正しい(三五%)となっている。
 在伯日本人について、六九%が伯国に適応してブラジル人とよく共存していると回答。これを地域別に見ると「よく共存している」がブラジリアで七三%、ついでサンパウロが七〇%、リオが六六%。逆に「日本人のグループとのみ付き合っている」がリオ三二%、サンパウロ二八%、ブラジリア二一%。首都の共存度の高さが伺われる。
 「ブラジル在住の日本人移住者およびその子孫のブラジル発展への貢献度」では、八一%が日系人はブラジルに貢献していると答えている。
 地域別に見ると「非常に寄与している」が一番高いのはリオ(三七%)、ブラジリア(二六%)で、サンパウロは平均を下回る一九%。「ある程度寄与している」だと最高はサンパウロ(五八%)、リオ(五三%)、ブラジリア(五一%)となる。
 逆に、「まったく寄与していない」ではサンパウロが一一%と不名誉な一位を頂戴し、次はブラジリア五%、リオにいたっては一%となっている。
 十一日の商議所昼食会でこの内容を発表した西林万寿夫在聖総領事は「ブラジルが日本を高く評価していることを、おおいに日本側に伝えていきたい。このような数字の背景には日系人の存在は大きい。日伯関係は明るい展望にある」とコメントした。
 一方、昨年二月に日本全国の成人男女二千人に対して行われた「日伯関係に関する意識調査」では、日伯の両国関係に関しては「良好だと思う」が三〇%ていどで、伯国やブラジル人に対する親しみの有無を問う項目に関しては、「親しみを感じる」が二三%だったにも関わらず、「親しみを感じない」が二八%にもなっていた。
 この両者の結果と考え合わせ、西林総領事は「ブラジルから日本に片思いの印象がある。百周年を機に是正していきたい」などと語った。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》ミスニッケイ・オザスコ=タイナ・アケミさんに栄冠=美の秘訣は自信と笑顔2017年5月24日 《ブラジル》ミスニッケイ・オザスコ=タイナ・アケミさんに栄冠=美の秘訣は自信と笑顔  オザスコ日伯文化体育協会(ACENBO、荒木進会長)が主催する『2017年度ミス日系オザスコ』が20日夜同会館で開催され、12人の候補者が今年も美を競いあった。会場には家族や友人など約200人が駆けつけ、舞台には熱い声援が送られた。  轟太鼓の迫力ある演奏が舞台に花 […]
  • 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」2017年5月24日 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」  日本の経済産業省が主催する『合同企業説明会』が19から21日の間、サンパウロ市の文協とマリンガ市内ホテルで計3回開催され、合計の来場者は予想をはるかに超える267人だった。日本の素形材産業関連企業8社が参画し、直接雇用を前提に来場した求職者と直接面談を行ない、当地の状 […]
  • モニカ作者=特製ロゴで在日伯人の支援=地域住民との共存目指し2017年5月23日 モニカ作者=特製ロゴで在日伯人の支援=地域住民との共存目指し  ブラジルの国民的人気漫画『モニカ』の作者マウリシオ・デ・ソウザさん(81)は3月、滋賀県湖南市で地域との交流をする日系人市民グループ『カリーニョ』(高橋ファビオ代表)の活動支援のため、特製ロゴを無償提供した。 […]
  • ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示2017年5月23日 ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示  ブラジル日本移民史料館では、文協ビル3階にあるショーケースで「結婚式の着物」の企画展示をしている。見学は無料。平日と土曜の史料館事務所の営業時間帯のみ見学できる。普通は入れない場所にあるため、3階でエレベーターを降りてすぐにある事務所で申し込みを。  さらに特別企画 […]
  • 梶原姉弟2014年11月13日 ブルックリンに〃漫画店〃=語学学校で日本文化普及  聖市南部のブルックリン区に新しい〃漫画店〃がオープンした。とはいえ漫画専門店ではなく、6月に開設した語学学校「SBS」のブルックリン支部の付属書店。経営するのは日系の梶原一家だ。 ブラジル全土に40ある支部のうち、漫画を販売する唯一の支部。仏英独日スペイン語などの教科書の […]