ホーム | 日系社会ニュース | 5月「筝曲宮城会」が公演=リオと聖市で=日本から奏者35人

5月「筝曲宮城会」が公演=リオと聖市で=日本から奏者35人

ニッケイ新聞 2008年4月16日付け

 一九五一年に結成され、宮城筝曲の普及や日本音楽の継承・発展を目指して活動を続ける「筝曲宮城会」の公演が五月、リオとサンパウロでおこなわれる。同会のブラジル公演は九五年以来、二度目。
 リオ公演は、五月二日午後七時に州立劇場(サーラ・セシリア・メイレーレス)。入場無料。チケット配布が、四月二十八日午後一時から六時まで、同劇場である。問い合わせは同劇場(電話021・2240・2383)まで。
 五月三日、四日は聖市V・マリアナのSESCで行われる。三日は午後九時から、四日は午後四時から。入場料は一般が二十レアル、学生と六十歳以上は十レアル。チケットはSESC各窓口で販売中。
 同公演に参加するブラジル筝曲宮城会(小倉祐子代表)の長瀬令子さんによれば、日本からは指導者クラスの弾き手・三十五人が来伯する。「春の海」「さくら変奏曲」などメジャーな曲目を多数披露。公演時間は一時間半ほど。
 案内に来社したブラジル同宮城会の小倉代表、長瀬令子さん・隆さんは、「前回の公演は大好評だった。今回もチケットが早くなくなる可能性があるので、入手はお早めにお願いします」と話している。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • コラム オーリャ!2007年10月20日 コラム オーリャ! ニッケイ新聞 2007年10月20日付け  援協はこのほど、重度の鼠径(そけい)ヘルニアを患っていた聖州スザノ市在住の日本人男性(93)を日伯友好病院で受け入れ、無料で手術した。手術は見事成功し、男性は無事退院した。 […]
  • 武田五男氏2007年10月20日 武田五男氏 ニッケイ新聞 2007年10月20日付け  (株)トレードブラスの創業者、武田五男氏が十九日午前七時半ごろ、脳溢血のため入院先のサンタクルス病院で死去した。享年七十九歳。 […]
  • 大耳小耳2007年10月20日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2007年10月20日付け […]
  • 百年の歩み辿りたい=河北新報=加賀山記者が来伯2007年10月20日 百年の歩み辿りたい=河北新報=加賀山記者が来伯 ニッケイ新聞 2007年10月20日付け  宮城県仙台市に本社のある河北新報社の加賀山仁記者(34)が十八日来伯、サンパウロを中心にベレン、トメアスーなどを取材、約一カ月滞在する。 […]
  • 「ブンバ」30号発売=日系各書店で販売中2007年10月20日 「ブンバ」30号発売=日系各書店で販売中 ニッケイ新聞 2007年10月20日付け  自然と文化の情報誌『Bunba』三十号がこのほど発売された。 […]