ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

ニッケイ新聞 2008年4月23日付け

 連休中は家族が別々の場所に出かけ、携帯電話で連絡を取り合ったという例も多いと思うが、この一年で携帯電話利用者は約七十五%増え、一億二千五百八十一人に。聖市では、五~九月にかけ、地下鉄の中でも使えるようにしていくというが、一人静かにしたい人には邪魔になるかも。
     ◎
 所得税の確定申告の締め切りが迫っている。四月三十日の二十時までだが、ぎりぎりになると、申告が集中するため、昨年中の年収が一万五七六四・二八レアルを超える人で、まだ申告を済ませてない人はお早目に。遅れると一六五・七四レアルの罰金が徴収される。
     ◎
 TVや新聞ではイザベラちゃんの関連報道が続くが、イザベラちゃんの母親がマルセロ神父のミサや特別集会に参加した様子も同時に報道。二十一日の特別集会は聖市インテルラゴスのサーキット場で行われたが、暴力に反対し、平和を訴える集会参加者は三百万人とも。家庭内暴力などによる子供の死者は年四千人に及ぶというが、子を思い、命を思う心が薄くなってきている証拠か。
     ◎
 十九日夜、聖州リベロン・プレットで双発機が墜落したが、乗っていた五人はケガだけで済んだ。機械の故障か燃料切れかは不明。一方、ヘリウムガスを充満した風船一千個をつないで、二十日午後、パラナ州パラナグアを出発した四二歳の神父は、同日夜八時四十五分の交信後、連絡が途絶えた。神父は、風船による滞空時間の世界記録(二十時間)に挑戦していたが、最後の交信で、高度が下がってきており、サンタカタリ―ナ州北部の海上に墜落すると話していたことから、交信直後から捜索を開始。二十一日夜の時点ではまだ、発見されていない。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • コラム オーリャ!2007年10月20日 コラム オーリャ! ニッケイ新聞 2007年10月20日付け  援協はこのほど、重度の鼠径(そけい)ヘルニアを患っていた聖州スザノ市在住の日本人男性(93)を日伯友好病院で受け入れ、無料で手術した。手術は見事成功し、男性は無事退院した。 […]
  • 武田五男氏2007年10月20日 武田五男氏 ニッケイ新聞 2007年10月20日付け  (株)トレードブラスの創業者、武田五男氏が十九日午前七時半ごろ、脳溢血のため入院先のサンタクルス病院で死去した。享年七十九歳。 […]
  • 大耳小耳2007年10月20日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2007年10月20日付け […]
  • 百年の歩み辿りたい=河北新報=加賀山記者が来伯2007年10月20日 百年の歩み辿りたい=河北新報=加賀山記者が来伯 ニッケイ新聞 2007年10月20日付け  宮城県仙台市に本社のある河北新報社の加賀山仁記者(34)が十八日来伯、サンパウロを中心にベレン、トメアスーなどを取材、約一カ月滞在する。 […]
  • 「ブンバ」30号発売=日系各書店で販売中2007年10月20日 「ブンバ」30号発売=日系各書店で販売中 ニッケイ新聞 2007年10月20日付け  自然と文化の情報誌『Bunba』三十号がこのほど発売された。 […]