ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海

ニッケイ新聞 2008年5月10日付け

 ミャンマ―(ビルマ)の大型サイクロンの惨状は酷い。死者が2万2千人、行方不明4万人の情報もあるが、アメリカの臨時大使は死亡10万人説を表明するなど混乱している。被災地には家屋倒壊と橋梁が落下し軒並みの浸水家屋が続く。犠牲者の多くは、4メ―トル近い高波に襲われ、食糧と飲料水の不足で悲鳴を上げている▼日本は台風大国で「二百十日」になると暴風と豪雨が吹き荒れ、崖崩れなどの被害が広がる。だが―「昭和の3大台風」の室戸・枕崎・伊勢湾でも、ミヤンマ―のような損害は出ていない。伊勢湾台風が最大だけれども、それでも死亡者は約4700人、不明が401人であってバングラデシュの14万人など東南アジアで猛威のサイクロンには到底及ばない▼尤も、ミャンマ―は軍事政権が長く、政治的な混迷も深い。アウンサン・ス―チ―女史の自宅監禁などに対する批判もあるし、今回の災害についても十分な防災対策をとっていたのかの疑問は残る。高潮と強風に痛めつけられた庶民らも「政府の救援がなっていない」と痛烈に非難し、食べる物もなく、住む家もないと嘆く。それでも、日本などからの支援物資が届いて恩恵に感謝の住民もいる▼この天変もだが、伊勢湾のときも記録的な高波が人々や家屋を襲い被害を大きくした。全壊家屋3600、浸水家屋は16000にも達したのも海からの高い波と洪水が大きな原因であった。この貴重な災害の体験に基づいて政府や自治体は治山治水の整備と防災訓練に取り組んできたが、開発途上国でもこうした面に力点を置いた政治と行政を展開して欲しい。   (遯)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ■ひとマチ点描■営業人生59年の生き字引2017年3月29日 ■ひとマチ点描■営業人生59年の生き字引  本紙最古の営業部員、金子ロベルト司さん(85、二世)が先々週をもって退社した。日伯毎日新聞で1970年から働き始め、ニッケイ新聞まで47年間というから、ほぼ半世紀だ。邦字紙界の生き字引が、営業人生に幕を引いた。  その前にはラジオ・サントアマーロで1958年10月3日か […]
  • 【2016年移民の日特集号】ごあいさつ2016年6月23日 【2016年移民の日特集号】ごあいさつ 移民の日に思うことブラジル日本都道府県人会連合会会長 山田 康夫 ブラジルの日本移民は今年108年、戦後の移住が再開されて63年になり、戦前、戦後を通じてブラジルに移住した日本人の数は25万人余、そして現在では190万人余といわれる日系人の中に占める日本人の数は3%を下回るとい […]
  • 終戦70年記念=『南米の戦野に孤立して』=表現の自由と戦中のトラウマ=第17回=対伯批判できない邦字紙2015年10月22日 終戦70年記念=『南米の戦野に孤立して』=表現の自由と戦中のトラウマ=第17回=対伯批判できない邦字紙  戦争中の経験は移民史上に残されず、心の奥底にうずき続けた。 サ紙創立に関わり、文協事務局長、県連会長も務め、コロニアの裏面をよく知っていた藤井卓治は「日本語新聞最大の欠陥は、ブラジルの政治批判が許されないことにある。三浦日伯は日本の出先官憲批判で、時報と対立となりブラジル政治 […]
  • 『闇の一日』の撮影の様子(IMJ提供)2015年5月30日 レジスタンス記念館で上映会=勝ち負け抗争描く『闇の一日』  勝ち負け抗争における脇山甚作事件実行者の一人、日高徳一さんの話を中心に当時の社会背景を描いたドキュメンタリー映画『闇の一日』(奥原マリオ純監督、2012年)の上映会が、サンパウロ市の州立レジスタンス記念館で6月6日午後2時から「土曜レジスタンス」の一環として行 […]
  • 注・小党については党名、議員数を省略しています2014年7月16日 いよいよ大統領選が本格化=天下分け目の10月決戦へ=舞台裏や裏取引きあれこれ=駒形 秀雄  サッカー世界大会は強豪ドイツの勝利となり、ブラジルの「地元で優勝」の夢は〃コッパ微塵〃に砕かれて、終わりとなりました。一方、この1カ月間、地元の大統領選挙のほうはその布陣展開に大きな進展が見られ、有力候補陣の顔ぶれ、政党間の合従連衡などが確定しました。これで10月に行われ […]