ホーム | コラム | オーリャ! | コラム オーリャ!

コラム オーリャ!

ニッケイ新聞 2008年5月15日付け

 十三日、文協大講堂で行われた百周年記念式典の会議。出場団体など関係する約三百人が出席した。午後七時から始める予定だったが、発表者(説明役)が集まらず、約四十分遅れた。
 最初に百周年協会執行委員長の松尾治氏、式典委員長の重田エウゾ氏や、総務補佐の原長門氏、芸能担当の蛯原忠男氏など式典に関係するメンバーが姿を現し、大々的に発表されるのかと思ったが、会議が始まると蛯原氏以外の関係者は早々に席を立ち、大半は戻ってくることはなかった。
 「式典に関しては全て決めて、発表できますから」と関係者は事前に話をしていたが、具体的な決定は練習日程ぐらいだった。
 二年前から参加している参加者は「まだ、きょうはましだった」と諦めにも似た表情で語った。残り一ヵ月でどのような式典になるか。(貴)

image_print

こちらの記事もどうぞ