ホーム | 日系社会ニュース | 演芸で祝った「母の日」ロンドリーナ

演芸で祝った「母の日」ロンドリーナ

ニッケイ新聞 2008年5月22日付け

 【ロンドリーナ】アセルは、四日、母の日を前倒しして、母の日祝賀会を協会会館で開催した。各隣組による歌合戦、母親たちによる紅白歌合戦のほか、個人舞踊、熊本、誉、西本願寺などの婦人会による団舞、沖縄、アセルの太鼓演奏、カラオケ教室の代表歌手の出演など、九十におよぶプログラムが組まれた。
 コーラスではアセル高齢者グループが開幕を飾り、今年初参加の生長の家白鳩会は、田中ひろえさんの指揮のもと「あゝわが神よ」「千の風になって」「海を渡って百周年」を合唱、コーラス団結成一年とは思えない成長ぶりに大きな拍手が贈られた。
 酒井正弘審査委員長ら十一人の審査委員会の審査結果は、隣組歌合戦は第十五組が優勝、母親たちの紅白歌合戦は白組に凱歌があがった。平間大会実行委員長が謝辞を述べ、百周年祭典行事の日程を伝え、協力を呼びかけた。(中川芳則通信員)

image_print

こちらの記事もどうぞ