ホーム | 日系社会ニュース | 国際交流基金=今年もカラオケキャラバン=7日から国内8カ所で

国際交流基金=今年もカラオケキャラバン=7日から国内8カ所で

ニッケイ新聞 2008年9月3日付け

 国際交流基金は、日本語学習者に学ぶ楽しさを教える「二〇〇八年ブラジルカラオケキャラバン」を、七日から十月十一日までブラジル国内八カ所で開催する。
 基金では、〇六年に「先駆的・創造的事業」の一環として同イベントを開始、現在までに四千人以上が訪れる人気を呼んでいる。
 今年はジャパンポップコンサート(日本の有名歌手のDVDを紹介)や、日本音楽を利用して日本語を教えるデモンストレーションのほか、ブラジル人の若者によるカラオケコンクールなどが行われる。
     ◎
 日程及び開催場所は次の通り。問い合わせ等は各地まで。
 【七日】正午=アメリカフットボールクラブ(リオデジャネイロ)、【二十日】午後二時=セアラー州立大学構内(フォルタレーザ)、【二十日】午後四時半=汎アマゾニア日伯協会(ベレン)、【二十六日】午後七時半=ヴァーレ・ド・リオ・ドス・シノス大学構内(サンレオポルド)、【二十八日】午後二時=ブラジル宮城県人会(サンパウロ)、【十月四日】午後二時=パラナ日伯文化連合会(ロンドリーナ)、【五日】午後二時=ブラジリア日本語モデル校(ブラジリア)、【十一日】午後六時=西部アマゾン日伯協会(マナウス)。

image_print

こちらの記事もどうぞ