ホーム | 連載 | 2008年 | アウト・チエテ=統合フォーラム=地域の共通問題を討議 | アウト・チエテ=統合フォーラム=地域の共通問題を討議(中)=デカセギで空洞化進む=高齢化と会員減が悩み

アウト・チエテ=統合フォーラム=地域の共通問題を討議(中)=デカセギで空洞化進む=高齢化と会員減が悩み

ニッケイ新聞 2008年9月5日付け

 森会長は挨拶で「統合フォーラムは三十年前にやっていてもよかった」とアイデアを誉め、「日系団体が協力し合うことで、もっとブラジル社会の発展に寄与できる」と意義を説いた。
 続いて、各参加団体が自己紹介。モジ文協の中山喜代治会長は創立一九三九年で、最盛期の八三年には傘下に二十三日系団体(千五百家族会員)があったが、現在では九団体(五百五十家族会員)のみ。日本語モデル校、十四万平米のスポーツセンターを持ち、秋祭りなどの大イベントを主催していると説明。
 アキヤマ・カズオさんによればコクエイラ文協(モジ)の地区には三百家族住んでいるが会員は百二十。十一月には第十八回ふるさと祭りを開催予定で、運動会、スキヤキ会なども行っている。
 イワタ・ジョルジさんによれば、ポルテイラ・プレッタ文協(モジ)では往時には百家族いたが現在は四十家族。過疎化の進む近隣地区と合併する話もあるという。
 野村次郎会長によればモジ中央日本人会には三百五十人の会員がいる。「市街には日系人が四千家族いる」という。会員のうち二百人は六十歳以上なので「若い会員に入ってほしいが、みんな仕事に忙しいという」と困った様子。息子夫婦が共働きし、ポ語のみの孫とは話ができず、日本人会が唯一の憩いの場というケースもかなりある。
 イケモリ・ヒラオさんによれば、ピンドラマ(モジ)は四七年創立。偶然当日は、婦人部創立五十周年記念行事が同地会館で開催中で、こちらへの参加が少ないとの断りも。会員は八十人で婦人部が四十五人、青年部が十五人。
 ムラキ・アントニオ会長によれば、リベイロン・ピーレス文協は創立して六十四年、市内に約四百家族いるうちの百二十家族が会員。川添博さんらによりYOSAKOIソーランなどが盛んに行われ、遠くレシフェまで公演に赴いている。
 原田信行さんによれば福博村は創立から七十七年。約八十家族(五百人)。ゲートボール発祥の地として碑も立つが現在は同部はなく、市内文協に練習に行っている。
 スザノ文協のハラダ・ミノル会長は「今年七十周年を迎えた」という。三百五十家族の会員の七割が七五%以上、ゲートボール部は百人を数える。「改革は必要だ」。
 ボア・ビスタ文協(スザノ)のカリヤ・ヒデユキさんは、「かつて百二十家族ぐらいいたが今は五十三家族ぐらい。みんな土地を売ってデカセギに行ってしまった」という。「子供がいなくなって閉鎖されていた日本語学校の建物を、市長と役割分担する交渉をして直し、周辺の貧困子弟の通う学校にするなどの改革を進めてきた」。
 大和植民地(スザノ)には多いときで八十家族いたが現在は二十八家族。フジムラ・タカツカさんは「若い人はデカセギに行ってしまった。今は年寄り夫婦が農場を続けているところ多い」とし、「何年かすれば小さいところはなくなる。アセアスのような連合会は大事」と語った。
 オオツカ・マモルさんによれば、グアイヨー(スザノ)は終戦直後の四六年創立。かつては相撲部も陸上もあり、八十六家族の会員がいたが、現在は三十七。「みんなと一緒でデカセギが多い」。
 今年五十周年を迎えたアセアスの森会長は「既存のスポーツ施設を最大限に活用し、教育を軸にして、アセアスは立ち直ってきた」とスザノ日伯学園建設を振り返った。「父母が教えてくれた勤勉さをブラジル社会に広めるためにも、日系社会が教育に投資することは重要だ」とのべた。(つづく)
写真=参加者のみなさん

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《記者コラム》「日本語勉強すれば幸せになれる」多文化論2020年12月22日 《記者コラム》「日本語勉強すれば幸せになれる」多文化論  「なぜブラジルで日本語を勉強するのか?」――19日午前、オンラインで南米全伯日本語教育会議のプレ会議が行われ、50人以上が参加して日本語教育の将来を熱心に討議した。来年2月27日実施予定の本会議の予備会合という位置づけだ。  閉会式の挨拶で、主催したブラジル日本語セ […]
  • デカセギ留守家族集め懇親会=グルメデリカ「皆さんのおかげ」=「こんな会社ない」と涙ぐむ人も2019年9月27日 デカセギ留守家族集め懇親会=グルメデリカ「皆さんのおかげ」=「こんな会社ない」と涙ぐむ人も  「こんなことをしてくれる会社は、他に聞いたことないね」――「グルメデリカ」(本社=埼玉県所沢市)に派遣されている日系人労働者の留守家族を集めた22回目の南米懇親会が21日夜、サンパウロ市のニッケイパラセ・ホテルで開催され、そんな感想があちこちで聞かれた。グルメデリカ社 […]
  • 有名日系経営者と日本語で許しを乞う乞食の格差2019年9月3日 有名日系経営者と日本語で許しを乞う乞食の格差  「セグランサ(治安)の問題があるから、名前と写真は出さないでくれ」――8月28日夜、サンパウロ市のジャパン・ハウス内のレストラン藍染で行われた、TOTOの便座およびウォシュレット製品の発売開始式で、それを専売するFAST […]
  • 令和時代を目前に、日系社会へのお言葉を振り返る2019年4月2日 令和時代を目前に、日系社会へのお言葉を振り返る  4月30日に今上天皇が退位され、5月1日から新天皇が即位して「令和(Reiwa)」時代が始まる。  この新元号の出典は現存する日本最古の古典「万葉集」の序文にある梅の花の歌、「初春の令月にして、気淑く風和ぎ、梅は鏡前の粉を披き、蘭は珮後の香を薫らす」という和歌か […]
  • 飯星下議=マリリアと泉佐野市が姉妹都市に=最後の訪日、四世ビザ緩和訴え2018年12月4日 飯星下議=マリリアと泉佐野市が姉妹都市に=最後の訪日、四世ビザ緩和訴え  年度末で任期満了を迎える飯星ワルテル連邦下院議員(PSD)は先月13~18日の間、日本への最後の公式訪問を行った。マリリア市と大阪府泉佐野市との姉妹都市協定調印式に出席したほか、麻生太郎副総理や河村建夫衆議と会談し、四世ビザの要件緩和を訴えた。そのほか、日系ブラジル人 […]