ホーム | 日系社会ニュース | 聖北カラオケ連予選=カンピーナスで28日

聖北カラオケ連予選=カンピーナスで28日

ニッケイ新聞 2008年9月17日付け

 【カンピーナス】今年度のパウリストン大会出場権をかけた、聖北カラオケ連盟(宮村明子会長)主催「聖北予選公式戦」が、二十八日午前八時からカンピーナス日伯文化協会(Rua Camargo Paes,118)で開かれる。
 同地は一世のカラオケ愛好家に加えて、二世、三世の愛好家が増えており、宮村会長のもとで「パウリストン大会もカンピーナスで開こう」という声もあがるほど盛り上がりを見せている。
 同地では、日本語に馴染みのない人でも、日本語の歌を抵抗なく歌う世代が増えてきている。
 問い合わせは、同文協(電話=19・3241・1213)まで。(樋口四郎通信員)

image_print

こちらの記事もどうぞ