ホーム | 日系社会ニュース | 楠領事が在ベレン首席に=パラナの松代領事が後任

楠領事が在ベレン首席に=パラナの松代領事が後任

ニッケイ新聞 2008年9月27日付け

 在聖日本国総領事館の政務班、楠彰領事(47、福岡県出身)が二十八日に在ベレン総領事館に首席領事として赴任するにあたり、在クリチーバ総領事館から松代俊則領事(43、福井県)が後任として来聖、二人が二十六日にあいさつのために来社した。
 「大変だったけど、すごく濃厚な時間を過ごした」。楠領事は、百周年関連の日本側との繋ぎ役として百周年記念協会の会議に出席し、内部から六月の式典を支えた。リオ、サンパウロ合わせて駐伯五年を数える。
 「百周年が若い世代が頭角をあらわす、良き機会になった」と感じている。ブラジルメディアが活発に百周年を報道したことにより、自分が日系人であることに目覚めた世代が生まれた、と見ている。「中心になって取り組んだのは二世世代だったが、その意味で、三世、四世が、百周年の成果を一番享受したのかもしれない」と将来を展望する。
 二十八日からベレンに赴任し、首席領事としてアマゾン入植八十周年に向けた現地の取り組みを、日本側につなぐという大役を再び任じることになる。「来年はアマゾンから日系社会を盛り上げるお手伝いをしたい」との抱負を述べた。
 後任の松代領事はリオ、クリチーバに続いて、二十四日から在聖総領事館に赴任した。駐伯合計約四年。〇六年からクリチーバではパラナ州百周年を裏から支えた。「どっぷり百周年につかりました。大変だったが、盛大にできて良かった。充実感があった。二年間の努力があのように結実してよかった」と振り返る。
 新任地サンパウロに関して「こちらは日系社会も一般社会も規模が大きい。身の引きしまる思いです。できる限りの努力をしていきたい」と語った。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 【特集】オンライン=日本移民シンポジウム初開催=「日本文化の継承への課題」等=原田清弁護士ら熱く討論2020年11月14日 【特集】オンライン=日本移民シンポジウム初開催=「日本文化の継承への課題」等=原田清弁護士ら熱く討論  汎ソロカバナ日伯連合文化協会青年部と、国際NGO「国際キフ機構」ブラジル支部(KIFブラジル)が主催する「ブラジル日本移民シンポジウム」が、7日(土)午後2時から4時半までオンラインで初開催された。モデレーターの原田清弁護士を中心にして、現代における日本移民の歴史の意義や、ど […]
  • 特別寄稿=もうじき1日の死者1千人台か=どっちへ行くのか、我らのブラジル=サンパウロ市在住  駒形 秀雄2020年5月14日 特別寄稿=もうじき1日の死者1千人台か=どっちへ行くのか、我らのブラジル=サンパウロ市在住  駒形 秀雄  毎日青い空が見えて気温も快適、例年ならば「良い陽気になりましたね」と挨拶するところですが、今年はいけません。コロナウイルスのお蔭で一般庶民は「家庭内蟄居」です。  ニッケイ新聞も配送が始まり、これでQUARENTENA自粛も終わりかと思っていたら、何が何が、商店閉鎖 […]
  • ニッケイ俳壇 (858)=星野瞳 選2015年10月2日 ニッケイ俳壇 (858)=星野瞳 選 アリアンサ  新津 稚鴎 激つ瀬のひっぱる風や木々芽ぐむ 草萌ゆる野やぽっかりと月浮かべ 鼻振って家の漫歩や蝶の昼 夜蝉鳴く泣き虫の樹が泣き止めば 貯水池に天から降って目高棲む いさぎよく葉を落としイペ花仕度 水温む鶏が孵せし子家鴨に 【作者・稚鴎さんは来たる十 […]
  • 大耳小耳2012年11月9日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2012年11月9日付け  「百周年にふさわしい会館ができた。昔のようにすぐに活発にはならないかもしれないけど、皆さんとこれからどんなことをしようか相談しています」 […]
  • 第3回全伯俳句大会=優秀作を一挙掲載2012年9月13日 第3回全伯俳句大会=優秀作を一挙掲載 ニッケイ新聞 2012年9月13日付け  ブラジル日本文化福祉協会が主催した第3回全伯俳句大会(後援 ニッケイ新聞)が8月19日、同ビル内で行われた。兼題部門は「冬季一切」で5句投句、投句総数は883句(投句者数177人)、特選(◎)は12句、他は秀作120句、選者は12 […]