ホーム | 日系社会ニュース | 日系社会の支援に感謝=激戦のサンパウロ市議選で当選=羽藤、神谷両市議に聞く

日系社会の支援に感謝=激戦のサンパウロ市議選で当選=羽藤、神谷両市議に聞く

ニッケイ新聞 2008年11月1日付け

 先月五日に投開票が行なわれた統一地方選。サンパウロ市議会選挙は四十五の議席に一千人以上の候補がひしめく激戦となった。日系人の候補も二十九人が〃乱立〃。結果、現職の野村アウレリオ市議(PV)が惜しくも落選し、前回の当選数四人から二人へと半減した。当選を果たしたのは、いずれも現職の羽藤ジョージ(PMDB、58)、神谷牛太郎(DEM、62)両市議。今年は市議会百周年委員会のメンバーとしても活動してきた両氏に、選挙戦の感想、今後の抱負などを聞いた。
 「日系社会の方々に心から感謝したい」――。七期連続のサンパウロ市議当選を果たした羽藤氏は十月三十日来社し、選挙協力に感謝の意を伝えるとともに、今回の選挙戦を振り返り、今後の政治活動について報告した。
 羽藤氏は日系候補者中最多得票となる四万八百四十七票で当選した。全体では十七位。
 サンパウロ市の日系市議が二人に留まった要因は、日系候補者の乱立にあったと指摘。「最大でも五、六人に抑えれば全員が当選できた」。また、資金が豊富なブラジル人候補者の積極的な選挙活動に押されたとも分析する。
 同市議によれば、十年ほど前までは、日系票の三分の一が日系候補に入っていたが、最近は減少傾向にある。得票を増やすためにも、「今後できれば日本にいるデカセギのブラジル人も投票できるように政界に働きかけていきたい」という。
 大手ビール会社の反対を受けながらも、今年八月から施行された飲酒運転の基準を新しくした法律(通称レイ・セッカ)は、元々は同市議が八年前に成立させた法案が基底になっている。これに関連し、今後、バールの営業時間を現状の午前一時までから午後十一時までとする案を議会にかけたいと意気込む。
 治安対策については、オートバイの二人乗りを平日中は禁止する法案を提出する予定でいる。「銀行で発生する強盗の六二%がバイクの二人乗りのブラジル人によるもの」であることから、その抑制策として、高い効果を期待する。
 また、今年八月以降、サンパウロ市東部で集中的に発生した日系家庭を狙った少年グループによる侵入強盗事件に関しては、「被害のあったヴィラ・プルデンテの日本人会が、少年にも実刑が与えられるように法律の改正を求めて百万人の署名活動を展開する計画を立てている。私もそれに積極的に支援したい」と語る。百万という数については、「サンタクルス病院の返還時にも集めることができたから可能だ」と説明した。
 羽藤市議は一九八二年以来、同一政党で、二十五年間連続でサンパウロ市議を務めるベテラン。「私は訴えられたこともお金を盗んだこともなく、まじめに働いてきた」と語る。今後のキャリア展望に触れて「政治家は夢を持つべきだ」と述べ、連邦下議への挑戦に関しては「党の支持と許可があれば」と笑顔を見せた。
   ▽ ▽ ▽
 サンパウロ市北部出身で沖縄県系二世の神谷氏は二万九千九百十五票を獲得して三十八位。八九年~九四年まで二期連続でサンパウロ市議、その後九四年から連邦下院議員を一期務めた。その後、〇四年に再度サンパウロ市議に当選し、今回、四度目の市議当選を果たした。
 「今回の当選は、私を信用し、勇気付けてくれた多くの友人のおかげ。とくに、縫製や化粧品、建設資材、スーパーなどの沖縄県系人同業者グループ、県人会関係者や、聖北文化体育連合はじめ聖北の日系コミュニティーから多くの投票を頂いた。心から感謝したい」と話す。
 今年は移民百周年を記念して行なわれた、サンパウロ市リベルダーデ区内の象徴「すずらん灯」改修プロジェクトの発起人として、その実現に尽力。全四百三十本ある灯のうち、ガルボン街やグロリア街など主要な通りの改修をすでに終えている。
 これまで教育、医療に力を入れてきた神谷候補は、過去には「もったいない運動」を展開。古着などを一般家庭から寄付してもらい、恵まれない貧困家庭、慈善団体などに寄付している。新たな任期に向けては、サンパウロの環境対策により力を入れていく考えを示した。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 新春編集部座談会=「ざっくばらんでいこう」=取材記者が大いに語る=百周年をぶった切る!2008年1月1日 新春編集部座談会=「ざっくばらんでいこう」=取材記者が大いに語る=百周年をぶった切る! ニッケイ新聞 2008年1月1日付け  ブラジル日本移民百周年、日伯交流年がついにスタートした。堀村隆彦前大使の言を借りれば〇六年は〃加速の年〃、西林万寿夫在聖総領事によれば昨年は〃仕上げの年〃だったのだが、現況はいかがなものか。本紙編集部はコロニア最大の関心事である百周 […]
  • コロニア10大ニュース2004年12月28日 コロニア10大ニュース 12月28日(火)  記憶に残る首相伯=日伯センター建設問題も ニッケイ新聞社は年末恒例のコロニア十大ニュースを選んだ。一年間様々な出来事を取材し続けた編集部が、コロニアにまつわるニュースから選び出した。やはり、八年ぶりにブラジルを訪れ、コロニアとも積極的に交流を持 […]
  • ざっくばらんに行こう!=日系社会面編集部座談会=さあ、どうなる?!=1年半後に迫った移民110周年2017年1月1日 ざっくばらんに行こう!=日系社会面編集部座談会=さあ、どうなる?!=1年半後に迫った移民110周年 【深沢】さて、今回のテーマは移民110周年。2018年6月18日まで、いよいよ一年半後に近づいてきました。でも、肝心の「110周年実行委員会」がまだできてないんだよね。 […]
  • 文協が創立60周年の節目=サンパウロ市400年祭委員会を発端に=59の個人・団体の表彰も2015年12月30日 文協が創立60周年の節目=サンパウロ市400年祭委員会を発端に=59の個人・団体の表彰も  1955年の発足から60年―。ブラジル日本文化福祉協会(呉屋春美会長)が創立日である17日、創立60周年を祝し文協ビルで記念式典を行なった。招待客ら600人以上が出席し、還暦の節目を祝った。 文協の前身は、54年に発足したサンパウロ市制400周年祭の日本人協力委員会。移民50 […]
  • イビラプエラ公園内の慰霊碑を訪ねた安倍夫妻2014年12月27日 コロニア10大ニュース  やはりなんといっても10年ぶりの首相来伯だろう。これを機会に様々な分野で交流が加速化しそうだ。来年の120周年、ジャパンハウスの着工、翌年のリオ五輪と続く今後のビッグイベントに伴う両国の関係強化を十分に期待させるニュースだった。そしてW杯。日本代表はリーグ戦敗退と残念な結 […]