ホーム | 日系社会ニュース | 国際交流基金=田村大吾さん帰国=後任の山下さんが挨拶

国際交流基金=田村大吾さん帰国=後任の山下さんが挨拶

ニッケイ新聞 2009年1月9日付け

 国際交流基金サンパウロ事務所で所長補佐を務めた田村大吾さん(33、東京)が九日帰国するにあたり、後任の山下剛毅さん(31、福岡)と七日来社、交代の挨拶を行った。
 田村さんは百周年担当として〇六年四月に着任、主にサンパウロ近代美術館(MAM)で開催された「日伯現代美術展」(四月)、「現代舞踊 加藤みやこダンススペース」(八月)の開催、「国際図書ビエンナーレ」への参加事業に携わった。
 「日本に関心を示す若い世代に現在の日本文化を紹介することが出来たのでは」と振り返った。
 〇七年九月には、ヴィラ・マダレーナ区の教会で結婚式を挙げた。「思い出深い土地となったサンパウロに、今度は家族と一緒に戻ってきたい」と笑う。帰国後は東京本部で日本語教育関係部署に勤務する。
 後任の石川さんは、今回の赴任が初の海外勤務。前任地は関西国際センター(大阪)で、海外の日本語学習者を受け入れる研修事業に関わった。
 「リオから黒人の方が研修に来られ、非常に優秀だった。ブラジルの日本語熱が高いことを感じた」と話す。日本語研究者への支援・文化事業を担当する。
 「学生時代、スペイン語を専攻していたこともあり、ポルトガル語をマスターしたい」とブラジル生活にやる気を覗かせていた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 日本語学習に強力な味方=OJAD、南米で初講習=文章から音声を自動生成2015年8月13日 日本語学習に強力な味方=OJAD、南米で初講習=文章から音声を自動生成  サンパウロ大学(USP)や関係学会により、10~13日まで開催されている日本語教育に関する国際シンポジウム『EJHIB2015』の事前行事として日本語教師向けワークショップが9日、ニッケイパレスホテルであった。早稲田大学中川千恵子、東京大学大学院峯松信明両教授が講演を行った。 […]
  • 国際語としての日本語学会=最大規模、USPで10日から2015年7月29日 国際語としての日本語学会=最大規模、USPで10日から  日本語に関するシンポとしては過去最大規模という『EJHIB2015(継承語、アイデンティティ、バイリンガルの日本語教育に関する国際シンポジウム)』が8月10~13日まで、サンパウロ大学(USP)で開催される。 USPや関係学会により実行委員会が組織され開催に至った。案内に […]
  • 本橋 幹久2015年1月8日 新年のごあいさつ 2 県連あいさつ文=日伯120年の絆=ブラジル日本都道府県人会連合会会長 本橋 幹久  新しい年2015年を迎えるに当たり、新年のお慶びと共にご挨拶を申し上げます。 本年は「日本ブラジル外交関係樹立120周年」の節目の年に当たります。1895年に締結された「日伯修 […]
  • 国費留学生が日本へ出発=総領事館で歓迎会2014年4月12日 国費留学生が日本へ出発=総領事館で歓迎会 ニッケイ新聞 2014年4月12日  在サンパウロ日本国総領事館(福嶌教輝総領事)が先月19日午後5時から、同館多目的ホールで「2014年国費留学生歓送会」を行った。学部5人、専修1人、研究13人の計19人の留学生が今月渡日し、1~5年間日本の大学で学ぶ。 佐野浩明首席領事や鈴 […]
  • 講義をするモラレス松原礼子教授2014年2月14日 「社会に開かれた日語教育を」=聖南西日本語教師研修会=(上)=松原教授が歴史踏まえ提言=今後のあり方を模索 ニッケイ新聞 2014年2月14日 継承か、日本文化普及のための日本語教育か―。日系子弟の生徒が減少し、アニメなどから日本語学習をはじめる成人学習者が増加傾向にあるなか、今、コロニアの日本語教師は何を目指しているのか。日本語教師が3日間集まり、教授法から学校運営に関すること […]