ホーム | 日系社会ニュース | ボリビア=53年目のサ・クルス日本人会=「アイデンティティーを忘れずに」

ボリビア=53年目のサ・クルス日本人会=「アイデンティティーを忘れずに」

ニッケイ新聞 2009年1月13日付け

 【サンタクルス(ボリビア)=坂上貴信記者】今年、創立五十三年を迎えるサンタクルス中央日本人会(島袋正克会長、会員約百五十家族)。
 島袋会長(55、沖縄県出身)によれば、同会では、新年会、成人式、敬老会、忘年会などの年中行事に加えて、様々な行事も開催。
 昨年十月には、サンタクルス市が中心になって、同市内の広場で初めての「インターナショナル・デイ」が行われ、盆踊りや日本食などで日本を紹介した。約三千人が来場し、日本文化を堪能したという。
 積極的に行事を行っている同会だが、世代交代はうまく行なわれていない。「一世は保守的で、二世は革新的なことをする」と分析する島袋会長。最近では、二世、三世たちの日本人会への参加意識の薄れが懸念されていると現状を説明する。
 同会の定款には親睦とボリビア文化との共同が謳われ、会員は日系人もしくは日本人となっている。島袋会長は「日本人会に属していることの意義を感じてもらい、日本人のアイデンティティーを忘れないようにしたい」と今後の希望を語った。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 沖縄戦の惨苦――戦争孤児 親富祖政吉=第4回2018年10月18日 沖縄戦の惨苦――戦争孤児 親富祖政吉=第4回  しかし僕は勉強にあまり身が入らず、学校を止めようかと思いながら2年生になっていました。2学期になって宮古島から仲村という社会科の先生が転任してこられた。  社会科の試験の成績が良かったということもあってか、先生から「今日先生は宿直だから、色々と話をしたいからお出で」 […]
  • 特別寄稿(追悼文)=田中慎二さんのこと=サンパウロ市在住 中島 宏2018年9月11日 特別寄稿(追悼文)=田中慎二さんのこと=サンパウロ市在住 中島 宏  また一人、コロニア、いわゆるブラジル日系社会から、異彩を放った稀有な人物が忽然と消えた。田中慎二さんが亡くなられた。享年八十三歳であった。  一九五五年に日本からボリビアに移住、その後、一九六〇年にブラジルへ再移住し、パウリスタ新聞社に入社後、コチア産業組合の機関紙 […]
  • 名護市慶祝団歓迎会、来月5日=80歳以上高齢者表彰も2018年7月13日 名護市慶祝団歓迎会、来月5日=80歳以上高齢者表彰も  ブラジル名護市親睦会(末吉業幸会長)は、「名護市訪問団歓迎会及び高齢者表彰」を8月5日午後7時から、ニッケイパラセホテル(Rua Galvao Bueno, […]
  • 少年の部で優勝したニッケイ・クリチーバ2015年3月11日 第7回ヤクルト杯少年・準青年野球大会 Ⅶ TAÇA YAKULT DE BEISEBOL INTERCLUBES INFANTIL E PRÉ JUNIOR心技体ともに向上=少年の部 […]
  • 長田さん(右)に賞状を手渡す稲嶺市長2014年8月21日 サンパウロ市=名護市長迎えて歓迎会=「長生きしてよかった」  南麻州カンポ・グランデ市と、ボリビアでの沖縄県民入植記念式典に合わせ来伯した稲嶺進名護市長ら5人の慶祝団を招き、ブラジル名護市親睦会(末吉業幸会長)が15日夜、ニッケイパラセホテルで歓迎会を行なった。名護市出身者やその子弟約50人が出席し、〃名護んちゅ〃の友好を深め合った […]