ホーム | 日系社会ニュース | グァタパラ移住地新年祝う=新成人18人を祝福=予想超え3百人の賑わい=川上会長「重要な岐路の年」

グァタパラ移住地新年祝う=新成人18人を祝福=予想超え3百人の賑わい=川上会長「重要な岐路の年」

ニッケイ新聞 2009年1月15日付け

 グァタパラ農事文化体育協会(川上淳会長)は二〇〇九年の新年会及び成人式を同文協会館で一日午前十時過ぎから開いた。新しい年の幕開けを喜ぶとともに、十八人の新成人のうち出席した十六人の若々しい姿が、入植四十七年目を迎えた移住地の明るい将来を感じさせた。
 年明けの夜半から降り続いた小雨も式典が始まるころには上がり、門松が飾られた会館前は、多くの参加者で賑わった。 来賓と新成人十六人が登壇。日伯両国歌斉唱後、川上会長は昨年の百周年を振り返る一方、「移住地をさらに発展させるか、どうかの重大な岐路」と今年を位置付け、一致協力を訴えた。
 続いて、文協からの記念品が来賓や川上会長から新成人らに手渡され、記念撮影も行われた。
 新成人代表の小林誠さんが「自分自身の行動に自信を持ち、励ましの言葉を胸に頑張りたい」と謝辞を読み上げた。
 新年会では、恒例として卒寿を迎える高齢者に感謝状と記念品を贈ってきたが、今年は上野千枝さん一人だった。最後に全員で四方拝を歌い、式典は終了した。
 引き続き行われた祝賀会では、成人の親戚関係者らの出席もあってか、予想を越えた約三百人が参加、主催者側が慌てる一幕もあった。
 太鼓の音色と、よさこいソーラングループの掛け声が会場を盛り上げ、卒寿を迎えた上野さんが弾くオルガンを伴奏に全員で『ふるさと』『あかとんぼ』が歌われた。
 新成人が壇上で『乾杯』を歌い、日本語学校の教師も参加し、『なかよしこよし』を踊った。
 会場のあちこちでは、お屠蘇で乾杯する姿が見られ、賑やかな笑い声に包まれていた。
 今年成人となったのは以下の十八人。小林誠、斉藤奈美、斉藤真由美、高木治彰、佐々木敏幸、鈴木稀世、上村丈吾、脇山昌子、林良英、真名子豊和、樋口雄一、菅野リーナ、佐藤百合香、園部光市、斉藤光明、高橋ひろし、藤山広美、金箱誠。(敬称略)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 【日本移民112周年記念】コロナ禍に立ち向かう日系社会の皆様へ=駐ブラジル日本国特命全権大使 山田彰2020年9月28日 【日本移民112周年記念】コロナ禍に立ち向かう日系社会の皆様へ=駐ブラジル日本国特命全権大使 山田彰  ブラジルへの日本人移住112周年を記念する「移民の日特別号」の発行をお慶び申し上げます。  日本とブラジルの緊密な友好関係の重要な礎となっているのが、ブラジルにおける日系社会という特別な人的な絆です。日本人移住者及び日系人の皆様は、移住後に大変なご苦労を経験されまし […]
  • 本紙への寄付者芳名2020年9月26日 本紙への寄付者芳名  ブラジル相撲連盟の赤木政敏(あかぎまさとし)相談役、エンポリオ古賀(ニッケイ新聞代理店)、大矢進貞さん(ゆきさだ)、おもいで酒場パブラオケ、林ヨシノブ・パウロさん、平延渉さん(ひらのぶわたる)、匿名希望の篤志家の皆さまより寄付をいただき、ありがとうございました。 […]
  • 《記者コラム》パンデミックは好機?! 一気に進む世代交代2020年9月22日 《記者コラム》パンデミックは好機?! 一気に進む世代交代  「戦後移民の時代」は訪れることなく、過ぎ去った。結果的に、それで良かったのかもしれない。アアダコウダ言わず、素直にそう考えた方が前向きか。30代、40代の若者らが中心になって実施され、実に手際よく広範な内容を含みつつ、コンパクトに凝縮された「文協統合フォーラム2020」( […]
  • ■訃報■本紙営業・阿部ヤエコさん2020年9月15日 ■訃報■本紙営業・阿部ヤエコさん  本紙営業部に長年勤務した阿部ヤエコさんが12日午前、サンパウロ市南部にある自宅で亡くなった。十二指腸癌の持病があり、当初は胆石治療のために入院した。12日にいったん退院した後、背中の痛みを覚えるなど急変。強い吐き気をもよおして息が詰まり、午後7時半頃に亡くなった。享年 […]
  • 手塚治虫の絶筆『グリンゴ』=ブラジル日系社会が遺作に(上)2020年9月4日 手塚治虫の絶筆『グリンゴ』=ブラジル日系社会が遺作に(上)  『火の鳥』『ブラック・ジャック』などの傑作を次々に発表し、存命中から“マンガの神様”と呼ばれていた天才漫画家・手塚治虫(1928―1989年)を知らない日本人は少ない。しかし、彼の未完の絶筆『グリンゴ』がブラジル日系社会をモデルにしていたことはあまり知られていない。 […]