ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海

ニッケイ新聞 2009年1月22日付け

 昨年の百周年では、「連携」の言葉が多く聞かれた。ただ、その関係が今後も続くのか、それとも祭りの後―となってしまうのか、それが心配の種になっていることも事実▼二十二団体を傘下に置く聖南西連合の新会長に山村敏明氏が就任した。山村氏は、レジストロを中心にしたリベイラ連合(傘下十一団体)の現会長であり、実質、両連合を束ねることになる。百周年では、聖南西・リベイラ合同百周年委員会の委員長として、事業を成功に導いた牽引役としての豪腕が認められてもいる▼総会のあいさつで山村氏は、「聖南西とリベイラは地理的にも歴史的にも関係が深い」と強調、両地域の関係強化を図る考えを示した。一九一〇、二〇年代にリベイラ地域には、多くの日本人が入植した。その後、新しい土地を求め、聖南西に居を決めた移民らの当初の目的地は、サンパウロだった▼そのサンパウロには連合会がない。ノロエステ連合、パラナ日伯連合などの求心力をみれば、サンパウロは各文協が独自の事業をし、力が分散しているともいえる。かつての移民の動きのように、サンパウロに聖南西・リベイラの思いと熱が伝わればいい▼〇九年は、「連携」が「連鎖」になる年と見たい。聖南西・リベイラ両連合が起爆剤になるかー。もちろん、それを受けるのは、文協フォーラムを開催するブラジル日本文化福祉協会だろう。すでにコロニアの耳目を集め始めている会長選挙で決まる百一年目の文協の舵取り役は、この胎動を正しく深く認識すべきだ。  (剛) 

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《記者コラム》パンデミックは好機?! 一気に進む世代交代2020年9月22日 《記者コラム》パンデミックは好機?! 一気に進む世代交代  「戦後移民の時代」は訪れることなく、過ぎ去った。結果的に、それで良かったのかもしれない。アアダコウダ言わず、素直にそう考えた方が前向きか。30代、40代の若者らが中心になって実施され、実に手際よく広範な内容を含みつつ、コンパクトに凝縮された「文協統合フォーラム2020」( […]
  • ■訃報■本紙営業・阿部ヤエコさん2020年9月15日 ■訃報■本紙営業・阿部ヤエコさん  本紙営業部に長年勤務した阿部ヤエコさんが12日午前、サンパウロ市南部にある自宅で亡くなった。十二指腸癌の持病があり、当初は胆石治療のために入院した。12日にいったん退院した後、背中の痛みを覚えるなど急変。強い吐き気をもよおして息が詰まり、午後7時半頃に亡くなった。享年 […]
  • 手塚治虫の絶筆『グリンゴ』=ブラジル日系社会が遺作に(上)2020年9月4日 手塚治虫の絶筆『グリンゴ』=ブラジル日系社会が遺作に(上)  『火の鳥』『ブラック・ジャック』などの傑作を次々に発表し、存命中から“マンガの神様”と呼ばれていた天才漫画家・手塚治虫(1928―1989年)を知らない日本人は少ない。しかし、彼の未完の絶筆『グリンゴ』がブラジル日系社会をモデルにしていたことはあまり知られていない。 […]
  • 憩の園=二日間で3200食販売=食販売に予想外の大反響=感謝ライブで5時間半配信2020年8月25日 憩の園=二日間で3200食販売=食販売に予想外の大反響=感謝ライブで5時間半配信  「憩の園は、このコロナ災禍で多くの方に助けていただいた感謝の意味を込めて、このイベントを開催しましたが、まさかこんなに日本食が売れるとは思いませんでした。心の底から感謝しています」――日系高齢者福祉施設「憩の園」を運営する救済会の吉岡黎明会長は、そう深々と頭を下げて感 […]
  • 桑名良輔在サンパウロ総領事が着任=「皆さんに早くお会いしたい」=収束後、地方日系団体訪問へ2020年8月20日 桑名良輔在サンパウロ総領事が着任=「皆さんに早くお会いしたい」=収束後、地方日系団体訪問へ  在サンパウロ総領事館に総領事として8月7日に着任した桑名良輔氏(神奈川県、58歳)は17日にオンライン取材に応じ、ブラジル日系社会の役割と世代継承への側面支援を強調し、日系社会との更なる連携強化について「皆さんに早く直接にお会いしたい」と熱く語った。  桑名総領事は […]