ホーム | 日系社会ニュース | 日本のバンド「LM.C」=サンパウロ市で25日にコンサート

日本のバンド「LM.C」=サンパウロ市で25日にコンサート

ニッケイ新聞 2009年1月24日付け

 JAME(ジャパン・ミュージック・エンターテイメント)は二十五日午後四時からSANTANA・HALL(サンパウロ市サンターナ区クルゼイロ・ド・スル通り2737)で、日本のビジュアル系バンド「LM.C」(女性二人)のコンサートを開く。
 JAMEは、ブラジルで日本のポップ音楽やロックの普及活動や、これらの音楽を通じて、国外(日本、アルゼンチン、メキシコ、チリ、メキシコ)との交流をしているグループ。サイト(www.jame-world.com.br)に海外でのコンサートの模様が掲載されている。
 案内に訪れた同グループのロドリゴ・エスペールさんは、「若い世代の音楽文化交流と日本のポップやロックの普及のため、これからも多くの活動をやっていきたい」と語った。
 入場料は九十レアル(学生は半額)。問い合わせはロドリゴさん(電話=21・9888・8758、Eメール=esper@jame-networks.com)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 【ブラジル歴史物語】ジェトゥリオ・ヴァルガス=第2次政権最期の悲劇=自ら命を絶った背景とは=独裁者か、帝国主義の犠牲者か2011年9月10日 【ブラジル歴史物語】ジェトゥリオ・ヴァルガス=第2次政権最期の悲劇=自ら命を絶った背景とは=独裁者か、帝国主義の犠牲者か ニッケイ新聞 2011年9月10日付け  ジェトゥリオ・ドルネレス・ヴァルガス(Getulio Dornelles […]
  • 《記者コラム》パンデミックは好機?! 一気に進む世代交代2020年9月22日 《記者コラム》パンデミックは好機?! 一気に進む世代交代  「戦後移民の時代」は訪れることなく、過ぎ去った。結果的に、それで良かったのかもしれない。アアダコウダ言わず、素直にそう考えた方が前向きか。30代、40代の若者らが中心になって実施され、実に手際よく広範な内容を含みつつ、コンパクトに凝縮された「文協統合フォーラム2020」( […]
  • 日本も出場のコパ・アメリカ2019=日程と試合会場が発表2018年12月19日 日本も出場のコパ・アメリカ2019=日程と試合会場が発表  南米サッカー連盟(CONMEBOL)は18日、来年6月14日に開幕するコパ・アメリカの日程と試合会場を発表した。同大会にはCONMEBOL所属の10カ国に加え、招待国として、カタール、そして日本が参加して行なわれる。  コパ・アメリカは6月14日から7月7日まで、ブラジル国 […]
  • 東西南北2018年10月5日 東西南北  選挙直前になって連日のように世論調査の結果が発表されている。既に本面でも書いているように、ボウソナロ氏とハダジ氏の2人を軸にした展開で、少し前まではそこまで差がなかった、ジェラウド・アウキミン氏、シロ・ゴメス氏、マリーナ・シウヴァ氏は苦しい展開に。もっともこの3人、ネット上の […]
  • リベルタドーレス杯=7日から決勝トーナメント=16チーム中、13チームが優勝を経験2018年8月8日 リベルタドーレス杯=7日から決勝トーナメント=16チーム中、13チームが優勝を経験 南米一のクラブを決めるリベルタドーレス杯が、W杯に伴う中断期間後、約1カ月半振りに再開した。7日から始まったのは、グループリーグを勝ち残った16チームによる決勝トーナメントだ。今年は例年以上に強豪揃いとなっている。  16強の顔ぶれの豪華さは、現在残っている16チーム […]