ホーム | 日系社会ニュース | 文協コーラス発表会=今年は沖縄の歌も=22日

文協コーラス発表会=今年は沖縄の歌も=22日

ニッケイ新聞 2010年8月19日付け

 文協コーラス(松永久美子代表)は22日午後4時から文協小講堂(R. Sao Joaquim, 381)で発表会「午後の音楽」を開く。三木マリエ副代表とメンバーの三坂メリ、藤岡みよしマルタ、下川英子さんが案内に訪れた。
 17回目となる今年の発表会では、「花」や「ちんさぐの花」など沖縄の曲、湯山昭氏による組曲「ミレニアムの風」「花の匂いの風の中で」など4曲、シュトラウスなど外国の曲も歌う。指揮は吉田輝男氏、ピアノは川島リサ氏。
 一行は「今年は初めて沖縄の歌を歌うので、県人の方にも来てほしい。皆さんの来場をお待ちしています」と呼びかけた。
 入場無料だが、一キロの保存食料品の持参を呼びかけている。問い合わせは電話11・3288・8989まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ