ホーム | 日系社会ニュース | 食事とダンス楽しんで=今年最初の「ダンスの夕べ」=文協

食事とダンス楽しんで=今年最初の「ダンスの夕べ」=文協

ニッケイ新聞 2009年2月14日付け

 文協会員拡充委員会(田中エミリア委員長)は二十六日午後七時から十時まで、今年最初となる「ダンスの夕べ」を文協ビル展示室(サンジョアキン街381新館一階)で開く。
 夕食を味わい、ダンスも楽しむこの集い。同委員会では、今月から毎月一回最終木曜日にこの催しを行う予定だ。
 参加費は夕食代込みで二十レアル。田中委員長は「一人でも多くの人においしい食事とダンスを楽しんでほしい」と参加を呼びかけた。
 問い合わせは文協(電話=11・3208・1755、ベッテ)まで。
     ◎
 頼安パウロ、頼安エレナ両講師の指導による文協ダンス教室は、毎週木曜日午後五時から七時半まで文協大講堂ホールで実施している。一回の受講料は、文協会員五レアル、会員以外は十レアル。問合わせは文協まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ