ホーム | 日系社会ニュース | デカセギ子弟教育の講演会=群馬大学から専門家迎え=19日

デカセギ子弟教育の講演会=群馬大学から専門家迎え=19日

ニッケイ新聞 2009年2月17日付け

 CIATE(国外就労者情報援護センター)とISEC(文化教育連帯学会)は、十九日午後七時から文協貴賓室(R.Sao Joaquim,381)でデカセギに関する講演会「在日ブラジル日系人子弟の教育問題について」を実施する。
 群馬県から専門家を招き、在日ブラジル人子弟の現状や取り組みについて講演する。
 内容は、白井紘行群馬大学副学長による「群馬大学と地域貢献」。結城恵同大教育学部准教授による「在日ブラジル人の子供たちとともに―群馬大学『多文化共生教育研究プロジェクト』の取り組みから見えてきたこと」。
 参加無料だが、希望者はCIATE(11・3207・9014/contato@ciate.org.br)まで申し込みのこと。

image_print

こちらの記事もどうぞ