ホーム | 日系社会ニュース | アレグレ郷土会=サンパウロ市で29回目の集い=4月

アレグレ郷土会=サンパウロ市で29回目の集い=4月

ニッケイ新聞 2009年2月27日付け

 「アレグレ郷土会」の集いが、四月五日午前十一時からサンパウロ市の秋田県人会館(リンス・デ・バスコンセーロス通り3390、地下鉄ビラ・マリアーナ駅)で開かれる。
 同郷土会は、サンパウロ州ノロエステ線ビリグイ近郊にあったアレグレ植民地(現ブレージョ・アレグレ市)の出身者によるもの。集いは毎年サンパウロ市で開かれており、今年で二十九回目を数える。二〇〇五年には同植民地入植八十周年式典出席のため、サンパウロ市の郷土会が同地を訪問している。
 今年も故郷のアレグレ会からバス一台で縁の人たちが出席する予定。主催者は「サンパウロ市、近郊の皆さんも、知人、友人、ご家族共々お誘いあわせの上、多数のご参加をお待ちしています」と呼びかけている。
 会費は一人二十レアルで、一品持ち寄り。カラオケがあるので、希望者は各自テープを持参すること。
 申し込み、問合わせは各世話人まで。連絡先は次の通り(局番は11)。酒井清一=5581・7668、梅田清=5506・8361、横手仁志=9516・1136、綱木憲明=4799・6358、渡辺政男=3742・9931、川瀬洋三=3507・6167

image_print

こちらの記事もどうぞ