ホーム | コラム | オーリャ! | コラム オーリャ!

コラム オーリャ!

ニッケイ新聞 2009年2月27日付け

 文協の評議員選挙立候補締め切り日に事務局が停電、これから始まるドラマの幕開けを妖しく彩ったが、ようやく二十六日、百三十四人の候補者名(本面トップ参照)が発表された。
 二千四百会員の手元に投票用紙が届くのは、来月一週目だが、問題は選考基準。各候補の顔が見えないだけに、「友達だから」「名前を聞いたことがある」が理由になる人気投票になりがちだ。
 文協の諸問題に対する立場などが少なくとも分かればいいのだが、こういう配慮のなさも「会員無視」の声の下地となっているのだろう。
 約三割にあたる三十九が団体・企業の法人会員。遠方の文協や県人会の候補も多いことから、全伯、日本に繋がるうねりを作ることも不可能ではないが、それも後ほど決まる執行部次第。
 コロニアのカーニバルは始まったばかり、四月末まで続くー。 (剛)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 第35回武本文学賞を総括して=作品にコロニア語を使おう=ブラジル日系文学会長 中田みちよ2018年1月10日 第35回武本文学賞を総括して=作品にコロニア語を使おう=ブラジル日系文学会長 中田みちよ  「武本文学賞」というのは、日系社会の文学活動を創立時からささえてきた武本由夫(1983年逝去)を顕彰して設置されたものである。83年に募集され第一回発表が1984年発行の「ブラジル日系文学15号」誌上、その後35年間継続されてきている。  そして2015年には創刊5 […]
  • コラム 樹海2014年3月22日 コラム 樹海 ニッケイ新聞 2014年3月22日  南マットグロッソ州都カンポグランデ市を訪れた。今年、日本人入植から100年を迎え、カンポグランデを通って入植が始まったボリビア・オキナワ移住地も60周年の節目。母県からの慶祝団の訪問もあることから、お互いの行き来も今後あるようだ。市の無形 […]
  • 琉球民謡保存会「ニセーター」の演奏2014年3月14日 さんしんの日に約3百人=民謡師範、上達を実感 ニッケイ新聞 2014年3月14日 沖縄芸能イベント『第9回さんしんの日』が2日、沖縄県人会館で開かれ、約300人が来場した。野村流音楽協会、野村流古典音楽保存会、琉球民謡協会、琉球民謡保存会の各ブラジル支部の共催。 首里城が大きく描かれた舞台で、古典、民謡、太鼓あわせて1 […]
  • 大耳小耳2014年3月1日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2014年3月1日  支援委員会は特設サイトに掲載する、広告スポンサーも募集している。サイトは7月までの公開で一区画600レ。問い合わせは文協(11・3208・1755)、援協(同・3274・6484)、県連(同・3277・6108)のいずれか。この安価な値段に […]
  • お遍路の本をポ語で刊行=『No Caminho de Shikoku』=知られざる日本文化を紹介=二世の金子パウロさん=バイーアから四国、和歌山へ2014年1月1日 お遍路の本をポ語で刊行=『No Caminho de Shikoku』=知られざる日本文化を紹介=二世の金子パウロさん=バイーアから四国、和歌山へ 新年号 ニッケイ新聞 2014年1月1日  「ブラジル人にとっては未知の情報。誰も知らなかった日本文化だと思う」。54日間をかけて四国八十八カ所、1200キロを歩いて回った記録をポ語でまとめた『Mais de 88 razoes para peregrinar No […]