ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

ニッケイ新聞 2009年5月5日付け

 コリンチアンスの快進撃にはロナウド効果もいわれるが、リオ州選手権覇者のフラメンゴは、失踪騒ぎを起こした〃皇帝〃アドリアノと契約することに。四月三十日時点で九九%決まっており、ブラジル選手権ではロナウドとアドリアノの顔合わせも起きるかも? ミナス州はクルゼイロ、ゴイアス州はゴイアス、サンタカタリーナ州はアヴァイ、バイア州はヴィトリア、セアラ州はフォルタレーザ、パラナ州はアトレチコ・パラナエンセがそれぞれ優勝した。
     ◎
 豚インフルエンザによるアルゼンチン~メキシコ間航空便運行中止で、メキシコから帰れず、ブラジル経由で帰国するアルゼンチン人が出始めた。国外旅行の動向と新型インフルエンザ感染拡大は相関性があり、メキシコ旅行は少数派のブラジルでは感染者も少ないと予測される一方、ブラジル上陸不可避発言も。鑑定用キットが未着で迅速な患者確認が出来ないブラジルなど、冬に向かう南半球では新型インフルエンザか普通の風邪かの判断も難しそうだ。風邪といえば、六〇歳以上の人への風邪の予防接種は八日まで。
     ◎
 大気汚染に起因する病気には、喘息や肺炎、肺ガン(呼吸器系)、脳卒中や脳梗塞といった脳血管障害に心筋梗塞(循環器系)が多いが、幹線道路から五〇メートル以内の住民は、免疫系疾患の関節リューマチにかかる可能性が三一~六三%高いという。化学物質による汚染では、発生源から近い程、甲状腺異常などの罹患率が高いという研究も。水や大気のように、皆が必要で、嫌でも接しなくてはならない物が健康を蝕む物質を運んでくるなら、逃げ出す術はない。豚インフルエンザでマスクが飛ぶように売れているが、本当は防毒ガスマスクが必要?

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジルサッカー》サンパウロFC、フラメンゴが補強面でリード=パルメイラスなども着々と2019年1月9日 《ブラジルサッカー》サンパウロFC、フラメンゴが補強面でリード=パルメイラスなども着々と  現在のブラジルサッカー界は、まだシーズンオフだ。だが、各州の選手権やリベルタドーレス杯が本格化しはじめるまでのこの束の間の間こそが、フロントにとっては最も忙しい時期となる。向こう1年間の戦力補強のための貴重な時期だからだ。ここでは、ブラジルリーグで目立つ補強についてみていく。 […]
  • 日本も出場のコパ・アメリカ2019=日程と試合会場が発表2018年12月19日 日本も出場のコパ・アメリカ2019=日程と試合会場が発表  南米サッカー連盟(CONMEBOL)は18日、来年6月14日に開幕するコパ・アメリカの日程と試合会場を発表した。同大会にはCONMEBOL所属の10カ国に加え、招待国として、カタール、そして日本が参加して行なわれる。  コパ・アメリカは6月14日から7月7日まで、ブラジル国 […]
  • 東西南北2010年4月24日 東西南北 ニッケイ新聞 2010年4月24日付け […]
  • 《記者コラム》パンデミックは好機?! 一気に進む世代交代2020年9月22日 《記者コラム》パンデミックは好機?! 一気に進む世代交代  「戦後移民の時代」は訪れることなく、過ぎ去った。結果的に、それで良かったのかもしれない。アアダコウダ言わず、素直にそう考えた方が前向きか。30代、40代の若者らが中心になって実施され、実に手際よく広範な内容を含みつつ、コンパクトに凝縮された「文協統合フォーラム2020」( […]
  • 有名演奏家・小田さん来伯=日本祭りで指導、各地巡回へ=「生命力に溢れた太鼓が特徴」2019年7月4日 有名演奏家・小田さん来伯=日本祭りで指導、各地巡回へ=「生命力に溢れた太鼓が特徴」  「自分が今こうして幸せに太鼓を打てるのは、先人のおかげ。教えてもらったものを、ちゃんとした形で次の世代に伝えたい」―演出・作曲まで手掛ける和太鼓奏者・小田洋介さん(39、和歌山出身)=兵庫県姫路在住=が2日夜に来伯。サンパウロ市のニッケイパラセ・ホテルで関係者15人が […]