ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 昨8日は現地紙でも米国の大統領選挙が一面を飾り、国内ニュースを押しやるほどの勢いを持った。本日付本頁でも報じたような「誰が大統領になるとブラジルはどうなる」といった記事も、サイトなどで数多く見受けられた。そこで思うのだが、もし現在もジウマ政権が続いていてアメリカの大統領がトランプ氏になっていたら、組み合わせ的には最悪なものとなっていたのではないか。ジウマ氏をはじめ、労働者党(PT)が人種差別や女性差別も伝えられるトランプ氏を嫌った可能性は高く、アメリカとの関係が危うくなっていたかもしれない。そうなると、アメリカ頼りの部分が大きいブラジルの経済復興もさらに遅れたかも。皮肉なものだが。
     ◎
 1999年11月にサンパウロ市のショッピング・モルンビの映画館内で起こった、医大生が3人を殺害した無差別殺人事件は市内で起きた惨劇として語られ続けているが、犠牲者のひとりのエルメ・ルイーザ・ジャトバー・ヴァダスさん(当時46歳)の遺児たち3人が、17年後の今、同ショッピングに対し、「警備の不備」などを理由に裁判を起こしている。母の突然の死でつらい思いをしてきた娘たちだけに、良い結果になればいいが。
     ◎
 今年の受験会場の占拠問題のみならず、毎年なにかしらのトラブルが発生する国家高等教育試験(ENEM)で、今年もまた、出題の事前漏洩疑惑が起きた。漏れたとさせるのは作文(小論文)の題で、セアラー州でテスト前に34歳男性(逮捕済み)が情報を流していたとして、検察が試験は無効と訴えている。昨年も同じ題が偽情報として流れたが、果たして。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2016年1月30日 東西南北  27日に敢行されたラヴァ・ジャット作戦(LJ)第22弾で、一家が所有していたと見られる聖州グアルジャーの高級住宅に疑惑の目が向けられたばかりのルーラ前大統領。この住宅はLJに絡むOAS社が建て替えを行ったとも報じられている。他方、29日付伯字紙は、聖州アチバイアにあり、ルーラ […]
  • 東西南北2014年10月29日 東西南北  聖州保安局が27日、9月の犯罪白書を発表した。聖市での強盗殺人は13件で、昨年9月より5件増え、州内でも昨年9月の26件より5件増の31件となった。強盗事件は聖市で20%、聖州で16・7%増。自動車を狙う窃盗事件も聖市で7・3%、聖州で3・4%増えた。殺人事件は聖州では1 […]
  • 東西南北2013年4月18日 東西南北 ニッケイ新聞 2013年4月18日 […]
  • 東西南北2014年1月17日 東西南北 ニッケイ新聞 2014年1月17日  今週に入り、聖市では夏におなじみのテンペスターデ(強い夕立)が目立つようになってきた。15日夜にはその強い雨と雷により、聖市10カ所で冠水が生じ、南部イピランガではそれに伴う交通渋滞が起き、CPTM10号線では電気供給に支障が生じ、タマン […]
  • 東西南北2014年1月11日 東西南北 ニッケイ新聞 2014年1月11日  監獄での残虐行為や殺人事件が問題視され、現在話題のマラニョン州だが、その最中、ロゼアナ・サルネイ知事政権は、2014年の公式行事用の食材などの購入に140万レアルをかけようとしていることが判明した。食材購入のための入札は17日に行われるが […]