ホーム | 日系社会ニュース | 農業で生活の安定を=草の根無償で営農機材=「飢えのない町」協会へ9万レ

農業で生活の安定を=草の根無償で営農機材=「飢えのない町」協会へ9万レ

ニッケイ新聞 2009年5月6日付け

 サンパウロ市東部にある「飢えのない町」協会に対する日本政府草の根・人間の安全保障無償資金協力の供与式が去る四月二日に行なわれた。
 同協会がスザノ市セッテ・クルゼス地区で運営する低所得者向けコミュニティー農園に対するもので、計九万二千レアルで耕運機、背負い草刈機と樹木粉砕機が整備された。
 「飢えのない町」協会があるサンパウロ市東部地区は、人口密集地でありながら就職口が少なく、サンパウロ市の失業者約九十万人の約四〇%(約三十六万人)を抱える地区。低所得の仕事や、ゴミのリサイクル品集めに従事する住民もあり、貧困と治安の悪化が問題となっている。
 同協会のコミュニティー農園活動は、住民が農業技術を習得し、生産物販売で増収を図ることを目的としたもの。ただゴミの不法投棄や不法占拠された空地を利用しているため、土壌整備のコストが課題となっていた。今回整備された機材によりコストの低減が期待されている。
 同農園で実施された供与式には同協会のアジルソン・アルベス・ドス・サントス会長、大部一秋在聖総領事夫妻、関係者など約三十人が出席。
 サントス会長は「コミュニティー農園は、雇用と収入につながる事業であり、比較的低コストで持続性のある職場になることができる。農業活動は様々な面で環境に協力することができる」と述べ、日本政府の協力に感謝を表わした。
 大部総領事は今回整備された機材により、「土地作りのコストを削減し、行程を短縮させ、作物生産量の増加および増収を図り、同地区住民の貧困問題などが少しでも解消されることを期待する」とあいさつ。同協力が日伯関係の強化につながることへ期待を表わした。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 特別寄稿=日系社会存続のためのヴィジョン22(22世紀に向かって)=日系社会の戦略的再構築・統合のための提言=サンパウロ市在住 足立操2020年7月9日 特別寄稿=日系社会存続のためのヴィジョン22(22世紀に向かって)=日系社会の戦略的再構築・統合のための提言=サンパウロ市在住 足立操 ①日系社会の現状と問題点 1.「今、日系社会の存続が危うい!」。こう言うと「何をそんなバカな!」と思われる方が多数おられると思います。  しかしながら、日系社会の現実を冷静に見つめ直すとリアルに日系社会の存続の危うさが浮かび上がってきます。みなさんの周りの身近にある […]
  • 1959年あめりか丸同船者会が中止に2020年4月3日 1959年あめりか丸同船者会が中止に  毎年4月に行われている「1959年あめりか丸同船者会」(世話役羽鳥慎一)が、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため中止することになった。  当紙を通じて発表するにあたり世話役の羽鳥さんは「皆様には誠に残念なお知らせですが、中止が余儀なくされました」と声を落としつつも […]
  • そろそろ「日系7団体」にしては?2020年3月10日 そろそろ「日系7団体」にしては?  毎年の新年祝賀会に始まり、昨年4月には「新天皇ご即位・新元号『令和』祝賀晩餐会」、今年2月には天皇陛下の還暦を祝ってサンパウロ市立劇場で盛大に行われた天皇陛下誕生日祝賀会など、日本との繋がり深い大事な行事は「日系5団体」が申し合わせて計画する。  この5団体は、言う […]
  • ■今週末の催し2020年2月13日 ■今週末の催し  15日(土曜日)  「集中セミナー/日本祭りの将来はどうなる?」(県連)、午後1時、県連会議室(Rua Sao Joaquim, 381)      ◎  第3回演奏会(ピニェイロス女声合唱団)、午後3時半、聖ヨハネ教会(Rua Coropé, 108, […]
  • 憩の園=入場券売り切れで2回公演に=歌と芝居で魅せる移民ショー2020年1月30日 憩の園=入場券売り切れで2回公演に=歌と芝居で魅せる移民ショー  「公演3週間前に入場券が売り切れました。まったく予想外です。特別に同日午後4時から2度目の公演をやることになりましたが、40%はもう売れました。これ以上は公演を増やせません。ショーを見たい方は早めに事務所でチケットを手に入れてください」――社会福祉法人「救済会」(佐藤 […]