ホーム | 日系社会ニュース | 青空に泳ぐ鯉のぼり=オザスコ文協運動会=今年も2千人で盛大に

青空に泳ぐ鯉のぼり=オザスコ文協運動会=今年も2千人で盛大に

ニッケイ新聞 2009年5月7日付け

 毎年多くの来場者で賑わうオザスコ日伯文化体育協会(荒木進会長、ACENBO)の第四十五回家族慰安大運動会が三日、同協会運動場で盛大に開催された。
 当日は午前中から気温が上昇し、日陰にいないと汗ばむ程の陽気。近郊から自家用車で次々と来場し約二千人(主催者発表)が会場を埋め尽くした。色鮮やかな鯉のぼりが秋空にはためく、絶好の運動会日和となった。
 同運動会は全三十種目。参加人数の多さから何十回も繰り返し行われたり、同時に開始したりする競技もあった。
 子供達が麻袋に両足を入れて飛び跳ねながら走るカンガルー競争では、体の半分以上が隠れてしまう子供もおり、大人が持ち上げてゴールするシーンもみられた。
 一輪車の台車に人を載せてトラックを走る重荷運び競争では若い人から年配の方まで各自のペースで参加していた。途中、バランスが崩れて転ぶシーンもあり、会場の笑いを誘っていた。
 オザスコは参加人数も多いが景品の数も多い。今年は約五千五百個を用意し、油や塩、砂糖、ノートなどが参加者に配られた。
 日本語学校の運動会から始まったという同運動会。オザスコ文協顧問の川合昭さんは、「三歳から百歳まで参加できる自慢の運動会。今の運動場はオザスコ市からいただいたもので、相撲、陸上、野球、バドミントンなどに力を入れ、外から人が来るのを拒まず、外部に伸びようと思って活動してきたので参加者が多い」と説明する。
 会場では『ACENBO』の文字が入った揃いのTシャツを着た若者が積極的に手伝い、運営している姿が目立った。二世の荒木会長は「オザスコの運動会はじぃちゃん、ばぁちゃんから始まっている。若者が準備から当日の案内まで全てやってくれる。四十分で片付けられるのも自慢です」と嬉しそうに話していた。
 会場では婦人部により弁当、天ぷら、お寿司、うどん、パステルなどが販売され、長い列が出来ていた。
 午後の部は、太鼓部による和太鼓演奏で開始。一糸乱れぬ演奏で観衆を魅了した。午後も競技への参加人数は多く、百メートル競争や嫁探し競争では十人が一斉にスタートし十数回繰り返された。
 参加者の大滝福島セシリア貴美子さん(38、二世)は「生まれてからずっと参加している。日本語学校、青年会など全て経験してきました。昔は弁当を持ってきて、案内やプログラムもすべて日本語で、子供達ももっと多かったですね」と話し、「(運動会では)同級生がお互いに子供を連れてきて、みんなに会えるのが楽しみ」とその魅力を語った。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 本紙への寄付者芳名2020年9月26日 本紙への寄付者芳名  ブラジル相撲連盟の赤木政敏(あかぎまさとし)相談役、エンポリオ古賀(ニッケイ新聞代理店)、大矢進貞さん(ゆきさだ)、おもいで酒場パブラオケ、林ヨシノブ・パウロさん、平延渉さん(ひらのぶわたる)、匿名希望の篤志家の皆さまより寄付をいただき、ありがとうございました。 […]
  • 《記者コラム》パンデミックは好機?! 一気に進む世代交代2020年9月22日 《記者コラム》パンデミックは好機?! 一気に進む世代交代  「戦後移民の時代」は訪れることなく、過ぎ去った。結果的に、それで良かったのかもしれない。アアダコウダ言わず、素直にそう考えた方が前向きか。30代、40代の若者らが中心になって実施され、実に手際よく広範な内容を含みつつ、コンパクトに凝縮された「文協統合フォーラム2020」( […]
  • ■訃報■本紙営業・阿部ヤエコさん2020年9月15日 ■訃報■本紙営業・阿部ヤエコさん  本紙営業部に長年勤務した阿部ヤエコさんが12日午前、サンパウロ市南部にある自宅で亡くなった。十二指腸癌の持病があり、当初は胆石治療のために入院した。12日にいったん退院した後、背中の痛みを覚えるなど急変。強い吐き気をもよおして息が詰まり、午後7時半頃に亡くなった。享年 […]
  • 手塚治虫の絶筆『グリンゴ』=ブラジル日系社会が遺作に(上)2020年9月4日 手塚治虫の絶筆『グリンゴ』=ブラジル日系社会が遺作に(上)  『火の鳥』『ブラック・ジャック』などの傑作を次々に発表し、存命中から“マンガの神様”と呼ばれていた天才漫画家・手塚治虫(1928―1989年)を知らない日本人は少ない。しかし、彼の未完の絶筆『グリンゴ』がブラジル日系社会をモデルにしていたことはあまり知られていない。 […]
  • 憩の園=二日間で3200食販売=食販売に予想外の大反響=感謝ライブで5時間半配信2020年8月25日 憩の園=二日間で3200食販売=食販売に予想外の大反響=感謝ライブで5時間半配信  「憩の園は、このコロナ災禍で多くの方に助けていただいた感謝の意味を込めて、このイベントを開催しましたが、まさかこんなに日本食が売れるとは思いませんでした。心の底から感謝しています」――日系高齢者福祉施設「憩の園」を運営する救済会の吉岡黎明会長は、そう深々と頭を下げて感 […]