ホーム | 日系社会ニュース | 物故同船者の慰霊ミサも=59年12月のあるぜんちな丸=6月に同船者会の準備会合

物故同船者の慰霊ミサも=59年12月のあるぜんちな丸=6月に同船者会の準備会合

ニッケイ新聞 2009年5月8日付け

 一九五九年十二月にサントスに入港した「第五回あるぜんちな丸」の同船者会を実施するにあたり、準備のための話し合いが六月九日午前十時より、リベルダーデの岩手県人会館(トマス・ゴンザガ街95番1階)で開かれる。同船者の紺野辰喜さん(福島)、鶴我博文さん敬子さん夫妻(福岡)が本紙を訪れ参加を呼びかけた。
 あるぜんちな丸の同船会は渡伯二十五周年に開催されて以来。今年は五十周年の節目にあたる。前回は五十~六十人が集まりシュラスコで懇親会を催したという。
 紺野さんらによると、同船は八百数十名を乗せて、五九年十一月五日に横浜港を出港、十二月八日にサントス港に入港した。
 船内からは太平洋を泳ぐ鯨が塩を吹き上げるのがみえ、運動会、赤道祭などを実施し、不安と期待が入り乱れた気持ちでのサントス入港だったという。
 移住して五十年。一度は日本の土地を踏みたいと思いながら、夢を叶えることが出来ずブラジルに眠った同船者もいる。今回の同船者会では、そうした物故者たちの慰霊ミサを同時に行いたいとしている。
 そのほかにも、バスでサントスの倉庫街や上陸記念碑なども見学に赴く考えだ。正式な日程は六月九日の会合で正式に決定する。
 問い合わせは電話11・4790・4040(紺野さん)、11・4796・1814(鶴我さん)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 第62回パウリスタ・スポーツ賞=特別賞8人含め25氏に栄冠=110周年記念して将棋にも=サンパウロ市議会で4日に授賞式2018年4月5日 第62回パウリスタ・スポーツ賞=特別賞8人含め25氏に栄冠=110周年記念して将棋にも=サンパウロ市議会で4日に授賞式  伝統あるニッケイ新聞主催の『第62回パウリスタ・スポーツ賞』授賞式が来月4日夜、サンパウロ市議会の貴賓室で行われ、25人に栄えある記念プレートが授与される。戦後の日系スポーツ振興を目的に創設され、今年で62回目を迎えた。今回は日本移民110周年を記念して特別賞に将棋部門を設け […]
  • 2017年1月元旦=新年のご挨拶2017年1月1日 2017年1月元旦=新年のご挨拶 新年に考えること=ブラジル日本都道府県人会連合会会長 山田康夫  謹んで新年のお慶び申し上げます。  旧年中はいろいろとご支援をいただき、心より感謝申し上げます。 […]
  • 【2016年移民の日特集号】ごあいさつ2016年6月23日 【2016年移民の日特集号】ごあいさつ 移民の日に思うことブラジル日本都道府県人会連合会会長 山田 康夫 ブラジルの日本移民は今年108年、戦後の移住が再開されて63年になり、戦前、戦後を通じてブラジルに移住した日本人の数は25万人余、そして現在では190万人余といわれる日系人の中に占める日本人の数は3%を下回るとい […]
  • 年頭のご挨拶2016年1月5日 年頭のご挨拶 県連50周年とリオ五輪に向かって=ブラジル日本都道府県人会連合会会長 本橋幹久 新しい年2016年を迎えるに当たり、新年のお慶びと共にご挨拶を申し上げます。 一年の計を思い成す為には、過ぎた一年を思いたどることも必要かと思います。 2015年は、先ず県連も日系コムニダーデの一員 […]
  • 在聖総領事館=一世紀の節目を盛大に祝う=記念昼食会に360人駆けつけ2015年8月4日 在聖総領事館=一世紀の節目を盛大に祝う=記念昼食会に360人駆けつけ  「ちょうど100年前に始まった」―在サンパウロ日本国総領事館と関係の深いブラジル日本文化福祉協会やブラジル日本都道府県人会連合会、サンパウロ日伯援護協会などの日系団体や日系議員、日本政府関係団体、諸外国領事館関係者等、約360人が一堂に会し、同総領事館が設立から100年を […]