ホーム | 日系社会ニュース | サ紙主催=アマゾン移住80周年と「女性物語」出版記念写真展=9日から

サ紙主催=アマゾン移住80周年と「女性物語」出版記念写真展=9日から

ニッケイ新聞 2009年5月9日付け

 サンパウロ新聞社は九日から十七日までアマゾン移住八十周年記念写真展「アマゾンを拓いた日本人、日系人」(貴賓室)および、『ブラジルへ渡った百人の女性の物語』出版記念写真展「日系女性百年の歴史」(九日から三十一日まで、九階史料館)を文協ビルで開催する。
 二つの写真展の開会式、および出版記念会が九日午後三時半から文協貴賓室で行なわれる。午後二時から生田勇治・汎アマゾニア日伯協会会長による記念講演会「アマゾン移民の過去、現在、未来」も開催される。入場無料。
 「アマゾンを拓いた日本人、日系人」はベレン、トメ・アスーからマナウスまでアマゾン各地の開拓時代、現在の写真百五十点を展示する。文協文化祭りの一環として同貴賓室で行われる。
 七日に来社した同社の鈴木雅夫編集局長は「アマゾンは遠いため、よその国みたいな関係だが、同じ同胞としてみんなでお祝いをしたい。ぜひご来場ください」と呼びかけた。
 一方、今回出版される『ブラジルへ渡った百人の女性の物語』は〇七年から〇八年にかけて同紙に掲載された連載を書き直して一冊にまとめたもの。日ポ両語。定価は六十レアルだが、出版記念会当日のみ五十レアルで販売される。
 こちらの方の写真展では、同書に掲載された女性百人の写真百枚を展示する。会場は文協ビル九階(十日以降は史料館入館料が必要)。
 問合わせはサンパウロ新聞社(11・3209・5922)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ