ホーム | 日系社会ニュース | アマゾン移住80周年=マナウスでも開会式盛大に=シンボルマークもお披露目耳

アマゾン移住80周年=マナウスでも開会式盛大に=シンボルマークもお披露目耳

ニッケイ新聞 2009年5月13日付け

 アマゾン移住八十年、マナウスでも開幕――。西部アマゾン日伯協会(アマゾナス州マナウス市)は三月二十日、西部アマゾン日本人移住八十周年記念行事開会式を盛大に開催した。

 錦戸健実行委員長は開会の挨拶の中で、「戦前、戦後の移民の苦労があったから今のマナウス日系社会は繁栄しています。都会より離れたアマゾンでもガランチードと呼ばれるようになりました。先人の意思を継いで非日系人の期待にも応えられるよう頑張らないといけない」と語った。
 続いて、日本人アマゾン移住八十周年のシンボルマークの除幕式があり、州知事代理、相沢寛明総領事代理、三木将美マナウス市会議員、錦戸実行委員長の四人で行われた。シンボルマークは『80』を中心に、周囲に日の丸をイメージした赤い太陽、下部にアマゾンをイメージした緑の大地が描かれている。
 その後はカクテルパーティーが行われ、八十周年のスタートをきった。
 アマゾン入植は一九二九年四月にパラー州アカラ(現トメアスー)植民地の先発隊が最初の開拓の斧を入れ、開拓のさきがけとなった。
 同年九月にはトメ・アスー最初の入植者がまにら丸でベレン港に到着。四十三家族と単独移民八人を含む百八十九人だった。一行はリオに着いたもんてびでお丸から乗り換えて、まにら丸で回航した。
 同協会の木場孝一さん(60、鹿児島)は「私は入植して五十年しか経っていないが、当時(八十年前)はもっと大変で、あちこち移動して思い通りに出来なかったようだ」と先人の苦労に思いをはせた。
 アマゾン入植八十周年記念式典は九月十六日のトメ・アスーを皮切りに、十八日にベレン、二十日にマナウスで順次開催される。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《記者コラム》パンデミックは好機?! 一気に進む世代交代2020年9月22日 《記者コラム》パンデミックは好機?! 一気に進む世代交代  「戦後移民の時代」は訪れることなく、過ぎ去った。結果的に、それで良かったのかもしれない。アアダコウダ言わず、素直にそう考えた方が前向きか。30代、40代の若者らが中心になって実施され、実に手際よく広範な内容を含みつつ、コンパクトに凝縮された「文協統合フォーラム2020」( […]
  • 手塚治虫の絶筆『グリンゴ』=ブラジル日系社会が遺作に(上)2020年9月4日 手塚治虫の絶筆『グリンゴ』=ブラジル日系社会が遺作に(上)  『火の鳥』『ブラック・ジャック』などの傑作を次々に発表し、存命中から“マンガの神様”と呼ばれていた天才漫画家・手塚治虫(1928―1989年)を知らない日本人は少ない。しかし、彼の未完の絶筆『グリンゴ』がブラジル日系社会をモデルにしていたことはあまり知られていない。 […]
  • 特別寄稿=もうじき1日の死者1千人台か=どっちへ行くのか、我らのブラジル=サンパウロ市在住  駒形 秀雄2020年5月14日 特別寄稿=もうじき1日の死者1千人台か=どっちへ行くのか、我らのブラジル=サンパウロ市在住  駒形 秀雄  毎日青い空が見えて気温も快適、例年ならば「良い陽気になりましたね」と挨拶するところですが、今年はいけません。コロナウイルスのお蔭で一般庶民は「家庭内蟄居」です。  ニッケイ新聞も配送が始まり、これでQUARENTENA自粛も終わりかと思っていたら、何が何が、商店閉鎖 […]
  • 特別寄稿=新型コロナ騒動とアマゾン移民史=往時のマラリア禍の心情を今に懐う=パラー州ベレン市在住 堤剛太2020年5月13日 特別寄稿=新型コロナ騒動とアマゾン移民史=往時のマラリア禍の心情を今に懐う=パラー州ベレン市在住 堤剛太  現在、パラー州では外出自粛処置が取られすでに3カか月目に入っている。私の住むベレン市では、病院施設がすでにパンク状態と発表され、4月下旬からはマスク無しでの外出は禁止になりまた。4月27日からは罰金を伴う営業活動の停止処置も取られ、5月7日からはベレン市を含めた10市 […]
  • □コロナ禍緊急日誌□2020年4月30日 □コロナ禍緊急日誌□  昨日、日本からアマゾンの小包が届いてビックリした。中身は本が一冊。国際郵便は止まっているので、なんだろうと思ったらDHLだった。ドイツの国際輸送物流会社で「世界最大の国際輸送物流会社」とも言われる。こんなときでもちゃんと期日通りに配達するとは、さすが「世界最大」だけある。 […]