ホーム | 日系社会ニュース | ビジネスで日伯交流を=名古屋で「エキスポ・ビジネス」=カサビサンパウロ市長らが訪日講演

ビジネスで日伯交流を=名古屋で「エキスポ・ビジネス」=カサビサンパウロ市長らが訪日講演

ニッケイ新聞 2009年5月13日付け

 日本とブラジル企業のビジネス促進と交流を目的とする、ビジネスとサービスの国際見本市「第七回エキスポ・ビジネス」(開催委員会主催=知念セルジオ会長)が十五日から三日間、愛知県名古屋市のポートメッセなごやで開催される。
 企業家、商業主、投資家など、ビジネスの実現に関心を持つ在日ブラジル人と日本人の出会いの機会として講演会等を交えて実施。新しいビジネス・パートナーシップを生み出す機会として注目を集め、昨年は百五十社が出展、一万六千人が来場した。
 今年はジルベルト・カサビサンパウロ市長が地方自治体機関代表特別ゲストとして招かれ、十七日正午からビジネス環境についての講演をする予定。さらに、トカンチンス州から商工業局、農務局、科学技術局の各局長が同州におけるビジネス環境について講演する。
 「夢を実現するために困難を乗り越える」と題した美容室チェーンSOHOオーナーの飯島秀昭さんの講演、SEBRAE(零細企業支援サービス機関)の講演もある。
 また七回目を迎える今年、新たな試みとして美容とグルメの特設ブースを設置。ブラジル人シェフがデモンストレーションを行う。
 開会時間は午前十時から午後六時(初日は午後一時から)。入場無料。詳細はサイト(www.expobusiness.jp)。

image_print

こちらの記事もどうぞ