ホーム | 日系社会ニュース | 「絆を深めて危機乗り切ろう」=日伯関係に輝かしい将来=島内憲駐伯大使が講演=補完関係で重要性増す

「絆を深めて危機乗り切ろう」=日伯関係に輝かしい将来=島内憲駐伯大使が講演=補完関係で重要性増す

ニッケイ新聞 2009年5月19日付け

 「両国間にこれほどの親和性と可能性を持った相互関係のある国は他にない。日伯関係には輝かしい将来があると確信する」。島内憲駐伯日本国全権大使が十三日、サンパウロ州工業連盟(FIESP)の講堂で「世界経済・金融危機と日伯関係について」という講演会を行って、そのように語り、約百人が熱心に聞き入った。文協、県連、レアル銀行並びにブラジル日本商工会議所の共催で行われた。

 サンパウロ州工業連盟の国際関係・貿易部のトマス・ザノット代表補佐は挨拶の中で、パウロ・スカッフィ同連盟会長が団長となって昨年、最大規模の経済使節団が訪日したことに触れ、「日本移民が持ち込んだ文化は、経済だけでなくあらゆる面に影響を与えている」と大使を歓迎した。
 島内大使はまず「昨年は、日本からの対伯投資が前年比八倍以上の四十一億ドルになり、ブラジルへの全外国投資の一割に達した。ブラジルの失われた十年間(八〇年代)、日本のバブル崩壊(九〇年代)の苦い時代を払拭する勢いになっている」と再活性化の途上にあることを強調した。
 将来展望に関しても、「日本の対伯投資は、米国を抜いて六位に上昇した。長期的な視点からすれば、長いこと日本からの中心的な投資先であった東南アジアや米国の前に立ち、中国、インド、ロシアに続く四位になると見られている」と両国関係は大きな転換期にあることを示唆した。
 「今回の危機により日本は学んだ。専門家が指摘するように、欧米、東南アジアに依存する体質を反省し、大きな可能性を秘めた新興国にも選択肢を広げる必要がある」と語り、ブラジルは南米諸国へはもちろん、欧米への戦略的拠点として地理的な優位性が高いことを賞賛した。
 さらに、日本が誇るソフトパワーの一端である漫画やアニメに関して、ブラジルの若者は大変理解が深く、「日本国外におけるポップカルチャーの普及拠点だ」と位置付けた。
 昨年の日本移民百周年は、二国関係を強める雰囲気作りのための、最高の盛り上げる機会となったとし、「若者が日系社会を動かして、両国の人的な架け橋に」との期待をのべた。
 在日ブラジル人に関しても、「両国の文化や社会を深く理解しており、日伯交流の主役の一人」との認識を示し、二国間関係において重要な役割を果たしているとした。
 最後に、「一緒に危機に直面し、〃チャンス〃として活用して両国経済の補完関係の絆を深め、共により力強くなって乗り切ろう」と呼びかけ、サンパウロ市―リオ間の高速鉄道構想への新幹線方式導入など、日本政府はブラジルの巨大プロジェクトへ積極的に関わっていくことを明言した。
 一時間の講演のあと質疑応答になり、大使は、ザノット代表補佐からの問いに答える形で、「世界でブラジルほど農業の潜在的能力をもっている国はない。中国、インドなどの新興国も、ブラジルからの供給なくして発展がありえないという意味で、ブラジルの重要性はグローバルな文脈の中でさらに高まっている」と締め括った。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 本紙が選んだ15大ニュース=発刊以来の主要記事や連載2012年10月27日 本紙が選んだ15大ニュース=発刊以来の主要記事や連載 ニッケイ新聞 2012年10月27日付け  来年3月でニッケイ新聞が創刊15周年を迎えるのを記念し、歴代の記者が日夜取材に駆け回り、本紙に掲載した記事の中から、独断と偏見で選んだ15個のトップニュースを、「コロニア15大ニュース」としてお届けする。続々と報じられたこれらニ […]
  • 2008年7月5日 編集部座談会「ざっくばらんでいこう」=各地の百周年式典を総括 ニッケイ新聞 2008年7月5日付け ◆座談会参加者の紹介深=本紙の編集長ながら、最多のブラジリア、サンパウロ、パラナ、ベロ・オリゾンテを取材。若手記者を大きく引き離す奮迅の活躍ぶりを見せた。神=邦字紙記者歴四十余年、唯一過去の周年行事を取材。サンパウロ・サンボードロモ式典会 […]
  • 独断と偏見で選んだ「110周年最大の遺産」2018年12月18日 独断と偏見で選んだ「110周年最大の遺産」  なんと早い1年だったか――予想はしていたが、まさに「アッという間」だった。5月にはトラックストという未曽有の大混乱があり、日本進出企業や日系地場企業も大打撃を受けた。それ以降、6月にサッカーW杯ロシア大会、7月に眞子さまをお迎えして日本移民110周年祭、8月から選挙運 […]
  • 第20回迎える県連日本祭り=祭典の歴史振り返る=日伯繋ぐ重要な懸け橋に2017年1月1日 第20回迎える県連日本祭り=祭典の歴史振り返る=日伯繋ぐ重要な懸け橋に  2017年7月7~9日、コロニアを代表する祭典『日本祭り』が第20回目の記念すべき節目を迎える。「海外最大の日本祭り」と称される同イベントの歴史を振り返り、また、日本祭りの祖となった「郷土食郷土芸能祭」を始めたブラジル都道府県連合会の網野弥太郎元会長に、当時の様子を尋ねた […]
  • ざっくばらんに行こう!=日系社会面編集部座談会=さあ、どうなる?!=1年半後に迫った移民110周年2017年1月1日 ざっくばらんに行こう!=日系社会面編集部座談会=さあ、どうなる?!=1年半後に迫った移民110周年 【深沢】さて、今回のテーマは移民110周年。2018年6月18日まで、いよいよ一年半後に近づいてきました。でも、肝心の「110周年実行委員会」がまだできてないんだよね。 […]