ホーム | 日系社会ニュース | 群馬やきそば祭り=郷土の味「お切り込み」も人気=子供たちもエプロン姿で

群馬やきそば祭り=郷土の味「お切り込み」も人気=子供たちもエプロン姿で

ニッケイ新聞 2009年5月21日付け

 在伯群馬県人文化協会の第三回「やきそば祭り」が、十七日午前十一時から同県人会で行われ、やきそば三百二十杯のほか郷土料理のうどん「お切り込み」も五十杯を完売する賑わいを見せた。
 群馬県人会のやきそば祭りは、県費留学生OBらが中心になって始めたもの。群馬の象徴となる料理を盛り込もうという意図から、今回初めて郷土料理の「お切り込み」も用意された。
 「お切り込み」は、野菜をふんだんに使った煮込みうどん。群馬では「三度の食にお切り込み」と言われるほど馴染みのある家庭料理だという。
 同県人会の主婦八人が前日ボランティアで夕方までかけて作ったダシに、会員の寄付で集まった新鮮な野菜を使った。
 会場を訪れた三十代の女性は、「うどんのダシと、とろみが最高」と満足の表情。中には、うどんとやきそばの両方を食べて帰った人もいたそうだ。
 同県人会で行なわれている日本語クラスからも十人の子供たちが手伝いに駆けつけ、クラスで学んだ日本語で客をもてなし、料理を運ぶ姿が見られた。当日新たに三人の子が、クラスに参加したいと申し出てきたという。
 前日から準備に携わった同県人会管理人の大矢みどりさんは、「おいしいという声が聞けて嬉しい。友人も来てくれて、楽しかった」と感想を語った。
 同県人会の萩原建暁事務局長は、「今回のようなイベントは県人会同士の交流の場でもある。互いのイベントに参加することで県人会を共に盛り上げていけたら」と話していた。
 今年好評だったことから、同会では来年以降も郷土料理を紹介していく考えだ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ■人探し■2019年2月8日 ■人探し■  岐阜県岐阜市在住の高橋明丈さんが、市内の明徳小学校で同級生だった「野口」さんという女性を探している。判明しているのは苗字のみで、結婚後に、苗字が変わっている可能性がある。  高橋さんは1947年生まれ。野口さんが存命なら現在は70歳過ぎ。高橋さんによれば、1959年の伊勢湾 […]
  • 岐阜県人会総会、24日2019年2月6日 岐阜県人会総会、24日  ブラジル岐阜県人会(長屋充良会長)の「定期総会」が24日、サンパウロ市リベルダーデ区のニッケイパラセホテル(Rua Galvao Bueno, […]
  • ぷらっさ=日本の大学に日本人移民史研究学科を=吉田 恭子2019年1月30日 ぷらっさ=日本の大学に日本人移民史研究学科を=吉田 恭子  イビウーナで暮らしておられた故・香山栄一氏から8百冊余りの書籍を引き継いで、インターネット上に何とか香山文庫のウェブサイト(http://wabicafe.com.br/kayama/)を立ち上げたのが、今から4年余り前。時々サイトの手直しなどをしてはいるものの、デー […]
  • 瀬名波さん文化カレンダー=本紙編集部で無料配布中2019年1月11日 瀬名波さん文化カレンダー=本紙編集部で無料配布中  「新ウチナー民間大使」の瀬名波美恵子さんが沖縄文化普及活動の一環として、2019年度文化カレンダー「ウチナーグアー」を製作した。全1000部。同民間大使とは、沖縄との懸け橋として海外で活躍することが期待される人を認証する県の制度。  ラジオ・テレビ・ニッケイのアナウ […]
  • ■今週末の催し2019年1月10日 ■今週末の催し  12日(土曜日)  新春初生け、午後7時、ニッケイパラセホテル(Rua Galvao Bueno, 425)、日曜は午前10時から      ◎  映画鑑賞会、昼12時半、熟連会館(Rua Dr. Siqueira Campos, […]