ホーム | 日系社会ニュース | サントアンドレー移民祭=16日、市議会で記念式典

サントアンドレー移民祭=16日、市議会で記念式典

ニッケイ新聞 2009年6月13日付け

 サントアンドレー市議会は、サントアンドレー日系連合会の八団体(サントアンドレーABC文化協会、ペドローゾ日伯文化体育協会、沖縄県人会サントアンドレー支部、ウチンガ日本人会、旭日本人会、サントアンドレー西本願寺、グランデABC相撲協会、サントアンドレー福音ホーリネス教会)と共催し、「移民の日」記念式典を開催する。
 式典は十六日午後七時から、同市議会ジョアン・ハポーゾ・へゼンデ・フィーリョ議員講堂(Praca IV Centenario,02,Centro)で行われる。入場は無料。
 今年の移民の日式典では、同連合会に尽力した桑原三郎さん、保久原正幸さんの二人が表彰される予定。日本料理が用意され、日本舞踊が披露される。
 同連合会の牧半治会長、ABC文化協会の黒川瑛輝会長、古賀正倫副会長、旭日本人会の宮岡康雄会長が来社し「どなたでも、ぜひ来場してください」と呼びかけた。

image_print

こちらの記事もどうぞ