ホーム | 日系社会ニュース | 明治記念短歌大会=ブラジルから3人入選

明治記念短歌大会=ブラジルから3人入選

ニッケイ新聞 2009年6月25日付け

 明治神宮春の大祭、明治記念綜合短歌大会が五月六日開かれ、入選者が発表された。ブラジルから投稿した作品のうち、入選に三人、佳作に五人が選ばれた。取りまとめを行っている小池みさ子さんが先日、本紙に知らせてきた。入賞作、作者は次の通り。(敬称略)
【入選】
 終の地と決めて拓きし此の地にも宅地化の波は耕地を包む     井上伊津子
 混血の孫もいとしやながらへて八十二年ブラジルに住む       上岡寿美子
 日本のラジオ体操ブラジルで朝毎集ふさまざまの顔             立花操
【佳作】
 早朝の小鳥の声のさやかなり九十三歳吾が誕生日            上田幸音
 魚一匹餌とし垂らせば四方より鰐が出てくるパンタナールの川     久保昌子
 朝顔の咲くを数へて夫の声けさは窓辺に大きくひびく           真藤浩子
 スペイン語で乗馬訊ねる旅人にポ語で答へる我も旅人          中野豊子
 たんぽぽが雨ふる小道に咲きのこる白い頭は夢がふんわり       松村光江

image_print

こちらの記事もどうぞ