ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海

ニッケイ新聞 2009年9月22日付け

 菅直人・副総理は16人の閣僚らとの記者会見で「最初の100日間はハネムーン」と新政権への理解を求めたそうだ。真にうまいことを話す政治家だなーとしきりに感服したものだが、どうも、これはアメリカの政界に生きている慣習に学んでの発言と見た方がよさそうである。あの国では、政権が交代すると、100日の間は野党やマスコミも政府批判を控えて見守る▼これに倣ってお手わらやかにーというわけだけれども、明治19年に始まった事務次官会議をいとも簡単に切って捨てる腕はさすがである。「脱官僚」を看板にする鳩山政権なのだから、こんなのは当たり前だし、お役人の会見も取りやめにし、霞ヶ関には政治家を100人超を送り込み指揮を取る。まあ、本来の議会制民主主義を確立して国民のためになる政治をーである▼政権が交代したので政策も変わるのは致し方がない。だが、戦後の政治史をふりかえってみも、こんな大きな変化はないのではないか。官僚らも、建設決定のダム建設が中止になるとか余りの政策変更にテンヤワンヤノの大騒ぎで閉口しているらしい。まあ、それでも高速道路の無料化については、暫くは有料で行くようだ▼と,賑やかな新政権の発足ながら、国にとっての基本である外交と安保には不安がいっぱいある。憲法についても連立の社民党は護憲だし、自衛隊は違憲の立場である。沖縄の米軍基地もあるし、インド洋の給油についても曖昧であり、アメリカとの関係がどうなるかーも国民の目できちんと見守り注視を続けたい。 (遯)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • 「新旧右派対決」の様相のフェイクニュース捜査2020年5月29日 「新旧右派対決」の様相のフェイクニュース捜査  「ああ、ついに起こってしまったか」。27日、ボウソナロ大統領を熱烈に支持していることで知られる政治家や活動家、企業家を対象にした連警捜査が行われたと聞いたとき、コラム子は即座に思った。  コラム子にとって印象的だったのは、フェイスブックの新聞や雑誌、ニュースサイトの […]
  • 遅すぎた外出自粛と数世代同居2020年5月28日 遅すぎた外出自粛と数世代同居  ブラジルでは新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、社会的隔離を緩和する国が出始めた。他方、ごく緩い規制のみを採用し、ボウソナロ氏が反隔離の例とするスウェーデンは死者が急増中だ。  同国は一人暮らしの人が過半数で、何も言わなくてもある程度隔離状態が出来る。だが、感染拡 […]
  • 記者コラム「樹海」京大式「半自粛のススメ」をブラジルでも2020年5月27日 記者コラム「樹海」京大式「半自粛のススメ」をブラジルでも  ブラジルでは連日1千人前後のコロナ死者を記録し、24日時点で死者総数が2万2165人になった。感染が、海岸沿いの大都市から内陸部へとどんどん広まっている。  にもかかわらず、大統領の周辺は、疑惑の閣議ビデオ公開で大混乱状態にあり、今やいつ罷免請求が始まってもおかしくない流れ […]
  • 【記者コラム】意図せず「結果的な集団免疫」に向かいそうなブラジル コロナ禍時代の「新しい日常」を見つけよう2020年5月19日 【記者コラム】意図せず「結果的な集団免疫」に向かいそうなブラジル コロナ禍時代の「新しい日常」を見つけよう 「対策ナシならコロナ死者は100万人」  無名だった彼が3月30日に出演したTVクルツーラの討論番組ロダ・ヴィヴァのユーチューブ映像は、24時間で100万人が視聴した。いかにブラジル人一般がコロナを恐れているかが如実に伺われる。  最近のテレビを見ていてもニュー […]