fbpx
ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

ニッケイ新聞 2009年10月2日付け

 19世紀にリオで誕生したとされるブラジルの伝統音楽ショーロを関西在住の7人組グループ「コンジュント・ショヴィ・シュヴァ」が神戸市の海外移住と文化の交流センターで行われたブラジル音楽演奏会で披露した。神戸市とリオデジャネイロ市の姉妹都市提携40周年を記念して開かれ、約100人の来場者を魅了した。同センターは、2~3カ月に1度中南米音楽の定期演奏会を予定しているそう。
     ◎
 本紙(9月29日付6面)でも報道、19日に行われた埼玉県の大宮アルディージャ・サッカークラブからブラジルの子供達へのサッカーボール伝達式。帰国した同クラブの黒田卓志さんから「来年、第2回を実施することが決定した。継続していきたい」と喜びの知らせ。間を取り持ったロータリークラブのブラジル側コーディネーター阿部義光さんは、「子供達のサッカー交換留学へ発展するかもしれない」と意欲を燃やしている。
     ◎
 先月27日に千秋楽を迎えた大相撲秋場所。友綱部屋のブラジル出身力士は、二人そろって好成績をおさめた。中でも幕下西46枚目の魁聖は7勝0敗。同じく全勝の臥牙丸(グルジア出身)との優勝決定戦で敗れ、惜しくも初優勝を逃したが、11月場所に期待が高まる。三段目東62枚目の魁心も5勝2敗で勝ち越した。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • カンデラリア聖母教会2014年6月12日 イトゥー市へ来てください=歴史や特色ある工業都市=奥地探検隊が拓いた町  サンパウロ市から北西に約100キロに位置する閑静な町イトゥー。W杯期間中、日本代表チームがキャンプ地として使用する同市は人口約16万人で、日系人も多いほか、日本企業7社が工場を構えるなど日本とのつながりが深い。また、同市と名前の響きが似ており、観光都市という点でも共通点が […]
  • イトゥー市へメッセージを送る伊東市内のサッカーチームの子供たち(写真提供=福井千鶴さん)2014年4月3日 W杯=発音似た縁で交流深める=静岡県伊東市とイトゥー市=姉妹都市目指し親書交換へ ニッケイ新聞 2014年4月3日  W杯日本代表の合宿地のサンパウロ州イトゥー市と発音が似ていることから、静岡県伊東市との間に姉妹都市交流へ向けた取り組みが始まった。両市の取り組みを深めるためのイベントや市長間の親書の交換も進んでおり、W杯を機に新しい日伯交流が進んでいる […]
  • 日伯の友好深めて40年=パラナ経済使節団が出発2013年10月9日 日伯の友好深めて40年=パラナ経済使節団が出発 ニッケイ新聞 2013年10月9日  西森ルイス下議率いる「パラナ日伯友好経済使節団」が5日に訪日、16日まで滞在する。第40回を記念する今年は例年よりも多い80人が参加し、日本各地、中国での経済交流を図る。 […]
  • 聖南西=1ミリオン計画を開始=天野氏から第1弾振込み2013年4月6日 聖南西=1ミリオン計画を開始=天野氏から第1弾振込み ニッケイ新聞 2013年4月6日  聖南西文化体育連盟(山村敏明会長)の定例役員会が3月30日午前10時、コロニア・ピニャール文化体育協会(貴田孝平会長)に於いて開催された。聖週間にも関わらず約50人が出席、活発に議題が協議された。 […]
  • 大耳小耳2013年3月13日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2013年3月13日 […]