ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

ニッケイ新聞 2008年4月9日付け

 日本では映画「靖国」の公開を巡って侃侃諤諤だが、一部メディアが報道を自主規制、劇場公開も危ぶまれたロシア映画「太陽(O Sol)」(〇五年、百十分、アレクサンドル・スクロブ監督)がショッピング・フレイカネッカの映画館(Rua,Frei Canaca 569,Bela Vista)で公開中。終戦直後の〃人間天皇〃の日常を「ひとり芝居」で知られる舞台俳優、イッセー尾形が演じ切る。皇后陛下役には桃井かおり。ほぼ全編日本語で楽しめる。マッカーサー元帥との関係など、フィクションも交えているが、知られざる歴史の裏側に「あっ、そう」とはならないはず。
     ◎
 毎日新聞によれば、九日、大阪・池田市で世界ラーメン協会による「世界ラーメンサミット」が開かれた。同協会はチキンラーメン生みの親、故安藤百福さんが提唱、二年ごとにサミットを開いており、今回はブラジルを含む十一カ国が参加した。今年は初めてのインスタントラーメン「チキンラーメン」が発明されてから五十周年。報道によれば、即席めんは〇六年現在、世界四十四カ国・地域で年間九百十六億食消費されているという。ブラジルでも先月、記念のチキンラーメンが発売されたが、こちらの売れ行きも気になるところ。
     ◎
 群馬県大泉町、太田市をご訪問された天皇皇后両陛下は、日系ブラジル人ら外国人生徒が多い太田市の小学校の授業を視察された。読売新聞八日付けによれば、カポエイラの演技を見学された時は、天皇陛下自らビリンバウを手にとられ、弾き方を質問された。皇后さまは日系ブラジル人教諭らとの懇談で、「子供たちのお世話をして下さってありがとうございます」「子供たちが少しでも気持ちよく過ごせることを願っています」などと声をかけられたという。いずれこのような日系子弟の中から、将来の日伯交流を支えるバイリンガルな人材が生まれてくるだろう。

image_print

こちらの記事もどうぞ