ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

ニッケイ新聞 2013年9月27日

 60周年を迎えたアマパー移住地。14日にアマパー日伯協会が開催した記念祭がTVやラジオで取り上げられたことで州政府が関心をもち、27日から約2週間開かれる畜産展示会「エキスポフェイラ」に招かれたという。同協会は日本文化ブースを設け、写真展や折り紙講座、和太鼓演奏などを行う予定とか。
     ◎
 朝日新聞のウェブ版によれば、群馬県大泉町で「大泉カルナバル2013」が開かれた。昨年まではサンバのコンテストが中心だったが、今年は多様なブラジルを紹介する催しに変わった。村山俊明町長は開会あいさつで「ブラジル人と町民が仲良く共生できる町として、これからも頑張りたい」。町観光協会の鈴木マリアナさん(25、四世)は「日本人に様々なブラジルの顔を知って頂き、ファンを増やしたい」と考えプログラムを練ったという。

image_print

こちらの記事もどうぞ