fbpx
ホーム | 日系社会ニュース | アマパー=赤道直下の校長先生=私立校経営、横野玲子さん=州唯一の日本語教師も

アマパー=赤道直下の校長先生=私立校経営、横野玲子さん=州唯一の日本語教師も

ニッケイ新聞 2009年10月7日付け

 【マカパー発=堀江剛史記者】「今日はミステリーの本を読みましょう」―。そう日本語で声を張り上げるのは、アマパー州唯一の日本語教師横野玲子さん(61、兵庫)。夫アルミンド・オリヴェイラ・ソウザさん(63)と州都マカパー市で経営する私立校「Inter Genius Escola Tecnica」(生徒数260)の校長を務めながら、併設する語学学校で週8回は教壇に立ち、日本語も教える多忙な日々を送っている。

 「神戸・三宮でOLやってたんですよ」
 1982年、証券会社に勤めながら通っていたバレエ教室から、京都の商店街であったイベントへ参加。
 そのとき、神戸大学に留学中だったアルミンドさんに出会い、神戸まで電車で一緒に帰った。
 「英語や日本語のチャンポンで話すうちに仲良くなり、半年後には結婚を決めた」。家族の反対は全くなかったという。
 「お見合いも断っていたから、両親は『誰とでもいい』って感じでしたね」と笑う。
 ポルトガル生まれ、リオ育ちのアルミンドさんは、マンガンの掘削・輸出を行うアマパー州にあった鉄鉱会社「ICOMI」に勤務、1年の期限付きでの留学だった。
 翌年の帰国時、玲子さんも海を渡る。二人の新居は自然、赤道直下のアマパー州となった。
 当時、同州は連邦直轄領(88年に州に昇格)でマカパーの人口は約18万(現在は35万人)。今でも目立った地元産業はなく、高い建物がない田舎の町といった町並みだ。
 「私が来た26年前は家も塀すらなくて、本当に何もなかったんですよ。とにかく暑さと蚊には参りました。インフレも凄くて、『何で午前と午後で値段が変わるの?』って夫に聞いてました」と振り返る。
 急激に10キロも痩せ、あまりに違う日本との生活に毎週のように家族や友人に手紙を書く日々が続いた。
 その年には長女ミシェリさん、翌年には次女ヴェルナさんが生まれ、育児に追われる。ポルトガル語も学び、徐々に生活に馴染んでいた頃、夫が出張中に円形脱毛症になった。
 「自分は(精神的に)そうならないと思っていたんですけど…家に強盗が入ったりもして、やっぱりストレスが溜まっていたんでしょうね」
 87年に親子3人で神戸の実家に帰り、1年半過ごした。二人の子供は幼稚園に通わせ、自身はパートで働いた。
 「このまま日本にいてもいいんじゃない?」と両親から言われたが、アルミンドさんから帰国を促す手紙も届いていた。
 考えた末、「子供の将来のために両親が一緒にいるべき」と考え、アマパーに戻る。
 大学の教師もしていたアルミンドさんが92年に語学学校を始める。英、西、仏、そして横野さんが日本語のクラスを担当することになる。現在、日本語の生徒は16人。
 96年には私立校「Inter Genius Escola Tecnica」を開校。英語を取り入れたバイリンガル教育、ブラジルには珍しく音楽もカリキュラムに入れた独自のシステムを作ったが、「必要ないんじゃないか」という親も多く、理解を求めるのに苦労したという。
 「月謝を払わない親が多い」のも苦労の種だ。頭を悩ませ、負担のない支払い方法を考えた。
 離婚率が高く、情緒不安定になる子供も多く、小さな変化も見逃すまいと心を砕く。
 現在、約1500平方米の敷地面積を持つ新校舎を建設(2010年の完成を予定)している。
 同州の教育レベルは国内でも低いとされ、「進学でベレンに行くので日本語のクラスを続ける子供は少ないですね」
 おっとりした口調で残念そうに話す赤道直下の校長先生。その奮闘はまだまだ続く。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 生き残りを模索するニッケイ新聞2019年6月25日 生き残りを模索するニッケイ新聞  日本移民の日の特集号に掲載した「サンパウロ新聞廃刊の経緯」には、日本側を含め、各方面からたくさんの反響が寄せられた。それだけあの廃刊は大きな衝撃を与えたのだと痛感した。  と同時に、「ニッケイ新聞はどう生き残るつもりなのか。戦略を説明しても良いのは」という意見も頂戴 […]
  • 国際語としての日本語学会=最大規模、USPで10日から2015年7月29日 国際語としての日本語学会=最大規模、USPで10日から  日本語に関するシンポとしては過去最大規模という『EJHIB2015(継承語、アイデンティティ、バイリンガルの日本語教育に関する国際シンポジウム)』が8月10~13日まで、サンパウロ大学(USP)で開催される。 USPや関係学会により実行委員会が組織され開催に至った。案内に […]
  • 呉屋会長2015年7月7日 ごあいさつ 移民の日にあたって=ブラジル日本文化福祉協会会長 呉屋 春美  1908年に日本移民がブラジルに移りきて、今年で107周年を迎えます。今日の日系社会が存在するのは私共の先輩方のご苦労の賜物であります。開拓先亡者の御霊に対して心より哀悼と感謝の意を表する次第であ […]
  • 羅府新報社内の新聞保管庫で、過去の紙面を前に語る現社長の駒井幹夫=ロサンゼルス(撮影・水野陽介、共同)2015年5月21日 北米=日系社会の盛衰映す羅府新報=語り継ぎ、記録する責任  【共同】1941年12月7日深夜。米西海岸ロサンゼルスの邦字紙「羅府新報」の駒井豊策社長が長い一日を終えて帰宅すると、米連邦捜査局(FBI)の捜査官たちが待ち受けていた。日曜日だったこの日未明(米太平洋時間)、ハワイの真珠湾を日本軍が奇襲攻撃した。羅府新報は通 […]
  • 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(136)2014年4月12日 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(136) ニッケイ新聞 2014年4月12日 「誰とお約束を?」 「証拠を掴んで必ず裁判に引き出すと、殺された女と約束した・・・んです」 「なんだ、ふざけた事を! 西領事、帰りましょうよ! 訳の分からない日本語で話す二世にかまっている暇はありませんよ」遠藤副領事が怒って大声で言った。 隣 […]