ホーム | 日系社会ニュース | 生長の家=子ども・ジュニアお話大会=青・壮年の体験発表も

生長の家=子ども・ジュニアお話大会=青・壮年の体験発表も

ニッケイ新聞 2009年10月15日付け

 生長の家ブラジル伝道本部(村上真理枝理事長)は同本部別館(Av.Eng.Armando de Arruda Pereira,348)で24日午前8時半から「第38回生長の家ブラジル全国こども大会」、「第45回生長の家ブラジル全国こども・ジュニアお話大会」、25日午前8時半から「第39回生長の家ブラジル青年会全国日語雄弁大会」、「第9回生長の家ブラジル壮年・若鳩全国体験談発表大会」を開催する。
 こども・ジュニアお話大会では各支部の予選を通過した59人が自由なテーマで、日本語で発表をする。ブラジル日本語センターの2人の日本語教師を含め、5人が審査員を務める。また、子ども達が「楽しい写生」をテーマに描いた絵画76点と、ひらがなと漢字で書かれた「書き方(硬筆)」74点の作品を展示する。
 雄弁大会では青年会(15~35歳)10人が自由なテーマで日本語の発表、体験談発表大会では壮年会、若鳩会(共に36~55歳)の20人が自由なテーマで日本語の発表を行う。
 案内のため、本紙を訪れた上村佳男瑠相愛会副会長、山本ジュリア白鳩会副会長、日語圓環編集部の門脇和男部長、子ども会対策部の高橋洋子副部長、鳥飼アニタ広報担当補佐らは「生長の家の始まりは日語。ポ語では意味が伝わりにくいことも多く、原典を理解できる大人を育てたい」と同大会の目的を説明し、「コロニアでは年々日語が衰退している。少しでも次世代に日語を伝えたい。応援しに来て下さい」と呼びかけた。
 問い合わせは同本部(電話=11・5014・2234)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 「素晴らしい機会に感謝」=憩の園=在宅介護のノウハウ学ぶ=17回で修了者7百人に2008年12月2日 「素晴らしい機会に感謝」=憩の園=在宅介護のノウハウ学ぶ=17回で修了者7百人に ニッケイ新聞 2008年12月2日付け  社会福祉法人救済会(吉岡黎明会長)が実施する「老人のための在宅介護講習会~Formacao de Cuidador de […]
  • コラム オーリャ!2008年12月10日 コラム オーリャ! ニッケイ新聞 2008年12月10日付け  広島でペルー人に女児が殺害された事件が丸三年を迎えた先月末、市内中心部にペルー人女性、ルスさんが民芸品を販売する雑貨店を開いた。 […]
  • 今週末の催し2008年12月5日 今週末の催し ニッケイ新聞 2008年12月5日付け 土曜日  第一回慈善バザー、六日午前十時半、文協ビル(R.Sao Joaquim,381)、七日も開催     □  夏の蘭展、六日午前九時、文協ビル駐車場、七日まで     □ […]
  • 伊藤園=お~いお茶新俳句大賞=文協で応募作品受付け2008年12月11日 伊藤園=お~いお茶新俳句大賞=文協で応募作品受付け ニッケイ新聞 2008年12月11日付け  第二十回伊藤園お~いお茶新俳句大賞の二〇〇九年度作品募集が十一月に始まった。ブラジルからは例年通り、ブラジル日本文化福祉協会が窓口となって作品を受け付けている。 […]
  • 交流年記念=アート展「大海を挟む隣国」=日本の作家も訪れ開会式2008年12月10日 交流年記念=アート展「大海を挟む隣国」=日本の作家も訪れ開会式 ニッケイ新聞 2008年12月10日付け  【既報関連】百周年、交流年を記念したアート展「大海を挟む隣国―日本とブラジル、百年の近接」が四日、サンパウロ市のメモリアル・ダ・アメリカ・ラチーナ(Av.Auro Soares de Moura […]