ホーム | 日系社会ニュース | 第50回海外日系人大会=天皇皇后両陛下=歓迎交流会にご出席=にこやかに30分も

第50回海外日系人大会=天皇皇后両陛下=歓迎交流会にご出席=にこやかに30分も

ニッケイ新聞 2009年10月15日付け

 【東京支社=藤崎康夫支局長】海外日系人大会が本年大会で50回を迎えた。14日午後2時から東京・憲政記念館において海外20カ国、日系人200人以上が参加して、節目の式典が開催された。その後に行われた歓迎交流会には、天皇皇后両陛下も10年ぶりにご出席され、約30分にわたって一人一人にお声をかけられた。

 14日付け共同通信によれば「交流会ではメキシコの日系二世、カルロス春日さん(72)が『日本との懸け橋になった一世の苦労は無駄じゃなかったと、両陛下にご報告したい』とあいさつ。大きな拍手で迎えられた両陛下は笑顔を浮かべ、周りを囲んだ参加者に声を掛けた」という。
 大会は14日の式典と歓迎交流会をはじめ、翌15日には代表者会議、16日の視察研修会などが行われる。
 海外日系人大会は次のような経緯で始まった。第二次大戦で敗戦国し、混乱と極度な食糧不足にあえいだ日本に対し、海外日系人により1946年から52年にかけて粉ミルクをはじめ不足する食品類や衣料などの救援物資が「ララ物資」として日本へ送られてきた。
 米国だけでなくカナダ、メキシコ、ブラジル、アルゼンチンなどにも、日本救援のための日系人の組織が誕生し、各国赤十字社を通しての支援活動が行われた。その送付総額は52年当時の価格で、400億円を超えていたという。
 56年末、日本の国際連盟加盟を機に、敵国人としての日系人の労苦、そして日本敗戦後の「ララ物資」など日系人の母国支援に対し感謝し、国会議員を中心に、57年5月「海外日系人親睦大会」が東京において開催されたのが、第一回大会だった。
 なお当日は、海外日系新聞放送協会賞の授与式が行われ、高木ラウル同協会会長からサンパウロ新聞の鈴木雅夫社長に賞状が授与された。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」2017年5月24日 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」  日本の経済産業省が主催する『合同企業説明会』が19から21日の間、サンパウロ市の文協とマリンガ市内ホテルで計3回開催され、合計の来場者は予想をはるかに超える267人だった。日本の素形材産業関連企業8社が参画し、直接雇用を前提に来場した求職者と直接面談を行ない、当地の状 […]
  • 《ブラジル》ミスニッケイ・オザスコ=タイナ・アケミさんに栄冠=美の秘訣は自信と笑顔2017年5月24日 《ブラジル》ミスニッケイ・オザスコ=タイナ・アケミさんに栄冠=美の秘訣は自信と笑顔  オザスコ日伯文化体育協会(ACENBO、荒木進会長)が主催する『2017年度ミス日系オザスコ』が20日夜同会館で開催され、12人の候補者が今年も美を競いあった。会場には家族や友人など約200人が駆けつけ、舞台には熱い声援が送られた。  轟太鼓の迫力ある演奏が舞台に花 […]
  • ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示2017年5月23日 ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示  ブラジル日本移民史料館では、文協ビル3階にあるショーケースで「結婚式の着物」の企画展示をしている。見学は無料。平日と土曜の史料館事務所の営業時間帯のみ見学できる。普通は入れない場所にあるため、3階でエレベーターを降りてすぐにある事務所で申し込みを。  さらに特別企画 […]
  • モニカ作者=特製ロゴで在日ブラジル人の支援=地域住民との共存目指し2017年5月23日 モニカ作者=特製ロゴで在日ブラジル人の支援=地域住民との共存目指し  ブラジルの国民的人気漫画『モニカ』の作者マウリシオ・デ・ソウザさん(81)は3月、滋賀県湖南市で地域との交流をする日系人市民グループ『カリーニョ』(高橋ファビオ代表)の活動支援のため、特製ロゴを無償提供した。 […]
  • まだ続くコロナ禍の延期=文協桜祭りと沖縄祭りも2020年5月8日 まだ続くコロナ禍の延期=文協桜祭りと沖縄祭りも  まだ終息の兆しが見えないコロナ禍は、日系社会の伝統ある祭りにも影響を及ぼし、次々と開催が来年へ延期されている。今回延期が明らかになったのは、ブラジル文化福祉協会(石川レナト会長)がサンパウロ州サンロッケ市で7月4日、5日、10日、11日に開催を予定していた『第24回文 […]