ホーム | 連載 | 2009年 | アマゾンを拓く=移住80年今昔=【ベレン・トメアスー編】 | アマゾンを拓く=移住80年今昔=【ベレン・トメアスー編】=《36》=日伯の知恵の結晶=森林農業という曼陀羅

アマゾンを拓く=移住80年今昔=【ベレン・トメアスー編】=《36》=日伯の知恵の結晶=森林農業という曼陀羅

ニッケイ新聞 2009年10月20日付け

 森林農業の主要な作物は40種類を超えており、それぞれに移民80年分の悲喜こもごもと、長年のインディオや河民の知恵が刻まれている。
 例えば、南拓が最初に目指して失敗したカカオ、戦前移民が脱耕資金を得るために栽培した米、戦後に移住地に天国と地獄を見せた胡椒、河民から伝わった現地の各種熱帯果実やアサイー、インディオが薬として珍重するアンジローバ、そして世界に誇る商品木材マホガニーなどが一カ所に植え付けられる。
 日本的考え方と原住民の知恵の融合が、自然との共存を可能にする農法に結実した。日本移民が畑というキャンパスに描いた〃生きた曼陀羅(まんだら)〃のようだ。
 森林農業の考案者、故・坂口陞(のぼる)さんは、トメアスー本派本願寺の第三代目住職として、アマゾン移住70周年の開拓先没者追悼法要を司祭した。仏教哲学に基づいて自然観察することは、日常的に身に付いていただろう。
 『A Imigracao Japonesa na Amazonia(アマゾンにおける日本人移住)』(本間アルフレッド、農牧公社刊)の中で、専門家である本間さんは、「森林農業の作物の組み合わせは無数にあり、時代に合わせていける。今の状態はあくまで出だしに過ぎない」(157頁)とする。
 いろいろな作物を混植し、畑から絶え間なく収穫があるよう組み合わせるこの農法には、実は完成がない。組み合わせが無数にあるからだ。その時代の需要に合わせて臨機応変な在り様は、まさに曼陀羅の本領発揮だ。
 現在、利益を出している森林農業の作物も、最初からそうではなかった。今は採算の取れていないレイシ、ノニ、プシリ、マランギなど多様な作物も混植されているが、これは「未来の商品」だと位置づける。
 07年4月、74歳で亡くなった坂口さん。まるで生き急ぎ、懸命に自然の摂理を読みとり、それを自分の畑に移し取ろうとしたかのような人生だった。02年10月に東京農大で取材した時、「森林農業にこだわるのは、先祖代々、和歌山の山の中で育ったから」と自己分析していた。彼が抱くアマゾンへの崇敬は、郷土・和歌山県の森が生んだ南方熊楠(くまぐす、博物学者、エコロジスト)に通じるものがあるのかもしれない。
 森林農業は、戦前移民からの伝統を引き継ぎつつ、戦後移民が新しく創造した農業文化であり、それを戦後二世が商業的に成功に導いた共同作業、いわば世代を超えた〃日系文化〃の創造といえる。しかも、それを商業的に成功させた例として、特別な意味合いを持っている。
 ノンフィクション作家の山根一眞さんは9月のサンパウロ市講演の中で、96年にベレンで国際環境フォーラムを開催した時に司会者を務めた経験を語った。
 「あの時、坂口さんに森林農業をしているブラジル人はいますかと尋ねたら、一人もいないと言う。会場で『学びたい人いますか』と呼びかけると数人が手を挙げた。『坂口さん、彼らに教えていただけますか』というと『いいですよ』と即答してくれました」。
 今回山根さんがトメアスーで尋ねると、森林農業をやっている日系人は200家族、ブラジル人は5000家族もいることが分かった。「牧場にするより、森林農業をした方が利益が高いことが分かってきた。このまま300年も続ければアマゾンは回復する。日本人の大きな貢献だ」。
 さらに山根さんは「森林農業は、私たちがすべき発想の原点。あらゆる分野でこれをやっていかなければ」とし、世界の産業と自然の関係に、ブラジル日本移民が新しい地平を切り開いたことを強調した。(続く、深沢正雪記者)

写真=坂口陞さん(2002年10月、東京農大会館にて)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 手塚治虫の絶筆『グリンゴ』=ブラジル日系社会が遺作に(上)2020年9月4日 手塚治虫の絶筆『グリンゴ』=ブラジル日系社会が遺作に(上)  『火の鳥』『ブラック・ジャック』などの傑作を次々に発表し、存命中から“マンガの神様”と呼ばれていた天才漫画家・手塚治虫(1928―1989年)を知らない日本人は少ない。しかし、彼の未完の絶筆『グリンゴ』がブラジル日系社会をモデルにしていたことはあまり知られていない。 […]
  • 《ブラジル》眞子さま=公式訪問最終日にベレン=市場視察や地元日系人と交流2018年8月2日 《ブラジル》眞子さま=公式訪問最終日にベレン=市場視察や地元日系人と交流  ブラジル日本移民110周年のための皇室公式訪問最終日の28日、眞子さまはパラー州都ベレンの汎アマゾニア日伯協会(生田勇治会長)で行われた日系社会歓迎行事のほか、同地の日系人や日本移民とのご引見、ヴェル・オ・ペゾ市場の視察などをされた。式典には約230人が参加し、3回目 […]
  • ニッケイ俳壇 (852)=星野瞳 選2015年8月20日 ニッケイ俳壇 (852)=星野瞳 選    アリアンサ         新津 稚鴎冬日負い軍平胸像顔暗し首ふって歩く他なき時雨牛犬の嗅ぐ物より翔ちし冬の蝶どびろくや転耕とどむ術もなく土深く想思樹の実を植えにけり   セーラドスクリスタイス   桶口玄海児妻掘りし里芋どれも肥えて居し移民妻にある大望や芋の秋移民妻長生 […]
  • 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(174)=完結2014年6月10日 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(174)=完結  それから三年後、ローランジアで黒澤和尚から厳しい密教の指南を受け、印可状(認可証書)を授かった中嶋和尚は、サンパウロの東洋街の東の端に小さな『聖真寺』(架空)を創建、新しい宗派『聖宗』(架空)を開いた。 『ポルケ・シン』食堂を逃げ出し、修行に出た『聖観音』は、誤ってサンパ […]
  • 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(71)2014年1月3日 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(71) ニッケイ新聞 2014年1月3日 「いつのひにかかえらん」 『いつの、ひーにか、かえらん』 「やまはあおき、」 『やまは、あーおーき、ふーるーさーとー』 「みずはきよし、」 『みずは、きーよし、ふるさとー』 先駆者の霊が精霊となって現れ始め、見る見るうちに驚く程の数になった。 […]