ホーム | 日系社会ニュース | 沖縄こども祭り大盛況=ボランティアが祭り支え=「将来担う子供育てたい」

沖縄こども祭り大盛況=ボランティアが祭り支え=「将来担う子供育てたい」

ニッケイ新聞 2009年10月23日付け

 沖縄県人会と沖縄文化センター共催の「第4回こども祭り」(呉屋春美実行委員長)が、「子供の日」の12日午前9時からジアデマ市の同センターで開催され、約1千人が来場した。
 子どもを対象とした日系イベントが数少ない中、縁日でなじみの輪投げや金魚すくい、射的や日本食、また舞台での演舞やワークショップなど、幼児から楽しめる盛りだくさんの内容に、子どもたちは時間を忘れて熱中した。
 初めて文化センターの広い敷地を会場に選んだ。県人会支部の100人以上の若者がボランティアとして祭りを支え、当日は抜群のチームワークを発揮した。
 希望者が後を絶たず大人気だったのは、書道やマンガ(似顔絵)のワークショップ。また、大人には沖縄系イベントならではの「ヤギ汁」「沖縄そば」が好評だったようだ。
 無事に同祭を終えた呉屋実行委員長は、「若いボランティアや皆さんの協力が素晴らしかった」と感謝。「子どもは県人会の将来を担う大切な存在。活躍してくれる子を育てたい」とさらなる県人会の発展に期待を込め、「成功ですね。ずっと続けていきたい」と笑顔で語った。

image_print

こちらの記事もどうぞ