ホーム | 日系社会ニュース | レジストロ=海外文芸祭で入選=「私の心あげるねママイ」

レジストロ=海外文芸祭で入選=「私の心あげるねママイ」

ニッケイ新聞 2009年10月27日付け

 今年7月、日本の海外日系文芸祭実行委員会は第6回海外日系文芸祭(通称=みなとみらい文芸祭)を実施した。横浜で開催されたこの文芸祭には、学生のカテゴリーで日本を始め、アメリカ、カナダ、パラグアイ、ブラジル他世界各国から1382作品が応募された。そのうち125の短歌や俳句の優秀作品が入選した。
 その入選作の中に、ブラジリア日本語モデル校の生徒4人の作品とレジストロ文協の日本語学校の生徒2人、チフェニ・アパレシーダ・ダ・シルヴァさん(10)の短歌と早川正ジオゴさん(15)の俳句が含まれている。
 チファニさんは、非日系人でレジストロ文協の日本語学校で日本語を習い始めたのは2年目前、8歳の時であった。親戚に日系人がいるわけではないが、日本語の勉強が大好きで休まずに学校に通う。彼女の短歌の入選作は「バラの花トゲがあるからあげないけれどわたしの心あげるねママイ」と母親を思う素直な子供の心を歌ったもの。
 早川さんも同文協の日本語学校で日本語を習い始めて1年半で、やはり日本語が大好きで一生懸命勉強している。彼の俳句の入選作は、「夏が好き!ピコレを食べてまた泳ぐ」。ジオゴ君は暑い夏が大好きだ。ピコレを食べて一休みをしてまた又泳ぐ。暑い同地の夏と元気ハツラツとした子供が目に見えるようだ。
 同文協関係者はみな、「チファニさん、ジオゴ君おめでとう」と祝っている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 2013年4月3日 SC州の集団地を訪ねて=第39回県連ふるさと巡り=第1回=ジョインビレ=過去最高のバス4台で=創立20年の文協と交流 ニッケイ新聞 2013年4月3日  ブラジル日本都道府県人会連合会主催の第39回移民のふるさと巡り(本橋幹久団長=鳥取県人会長)が3月22日から27日まで行われ、バス旅行としては過去最高の4台(163人)がサンタカタリーナ州(以下SC州)を回った。リンゴ生産地 […]
  • 歌手=中平マリコさんからメッセージ=「コロナで南米訪問できず残念」2020年5月29日 歌手=中平マリコさんからメッセージ=「コロナで南米訪問できず残念」  16年間、毎年4ヵ月前後もブラジル、パラグアイの日系集団地などを回ってコンサートを開催し、日本の歌を届けてきた歌手・中平マリコさん。今年はコロナウイルスのために南米訪問が不可能になった。17年ぶりに過ごす日本の夏、母と過ごす時間、日系社会への想いを綴ってくれた。(編集部) […]
  • そろそろ「日系7団体」にしては?2020年3月10日 そろそろ「日系7団体」にしては?  毎年の新年祝賀会に始まり、昨年4月には「新天皇ご即位・新元号『令和』祝賀晩餐会」、今年2月には天皇陛下の還暦を祝ってサンパウロ市立劇場で盛大に行われた天皇陛下誕生日祝賀会など、日本との繋がり深い大事な行事は「日系5団体」が申し合わせて計画する。  この5団体は、言う […]
  • 特別寄稿=『移民と日本人』を読んで=サンパウロ市在住  中田みちよ2020年1月18日 特別寄稿=『移民と日本人』を読んで=サンパウロ市在住  中田みちよ  『移民と日本人』、久しぶりに一気に読みました。  それほど目新しいハナシなのかというと、私の乱読の余録もあって、それほどでもありません。深沢さんは記者ですから、すでに紙上で発表されている記事も多く、それ自体は既知項目。ただし、もう少し知りたかった次の場面が掘り下げら […]
  • 佛心寺創立・曹洞宗南米布教総監部開設60周年祝う!=日欧米州から大挙慶祝来伯2019年12月10日 佛心寺創立・曹洞宗南米布教総監部開設60周年祝う!=日欧米州から大挙慶祝来伯  曹洞宗両大本山南米別院佛心寺(采川道昭住職)は、同寺の創立及び南アメリカ国際布教総監部開設60周年を迎え、記念行事を11月22~24日、サンパウロ市リベルダーデ区の同寺で執り行った。日本、フランス、アルゼンチン、コロンビア、パラグアイなどから60人以上の僧侶が来伯し、 […]