ホーム | 日系社会ニュース | ファヴェーラから初の柔道代表=シルバ姉妹、夢はメダル

ファヴェーラから初の柔道代表=シルバ姉妹、夢はメダル

ニッケイ新聞 2009年10月27日付け

 南米初となる2016年の夏季五輪開催が決まったブラジル・リオデジャネイロ。治安の悪さへの懸念は根強いが、貧困や暴力の温床とされるリオのスラム街で、柔道を通じ青少年の犯罪防止や有望選手の発掘などを目的とした非政府組織(NGO)の活動が実を結びつつある。
 地元の姉妹が頭角を現し、妹は8月に世界選手権出場。姉妹は12年のロンドン、そしてリオの五輪を目指しけいこに励んでいる。
 NGOは元五輪メダリストが提唱し03年に発足した「レアソン」(ポルトガル語で「反応」の意)。ラケル・シルバさん(20)とラファエラさん(17)姉妹は、貧しい青少年による抗争を実話に基づいて描いた映画「シティ・オブ・ゴッド」の舞台であるリオ西部のスラム街に生まれた。
 父は宅配バイクの運転手で、月収は約470レアル(約2万4700円)。最低賃金水準の暮らしの中、姉妹は近所の子供たちとたこ揚げやサッカーで幼少時を過ごした。
 人生が一転したのはラケルさんが11歳のころ。口コミでレアソンのことを知り、柔道着に袖を通した。数カ月後、ラケルさんの運動能力に着目したコーチに「ブラジル代表になれるかもしれない」と励まされ、連日8時間に及ぶけいこに耐えた。
 14歳で国内のジュニア大会優勝、07年のパンアメリカ競技大会でも金メダル。試合で各地へ遠征する姉にラファエラさんが刺激を受け、2人そろって黒帯に。姉は今、奨学金を受けて私立大体育学部に通う。
 レアソン代表のフラビオ・カント氏(34)は「才能ある者にチャンスを与えたい」と熱意を見せる。同氏はアテネ五輪の銅メダリストで、元代表監督のジェラルド・ベルナルデス氏(67)らも賛同しコーチ役に。
 五輪の10種目で世界トップ級になることを目指す政府も支援、国際大会での上位入賞を条件に選手に毎月1500レアル(約7万8800円)の報奨金も支給、奨学金を提供する大学も増えている。
 「子供たちは道場で、麻薬売買に満ちたスラム以外の世界を知る。自分の力でより良い人生を切り開けるのだと」と話すベルナルデス氏。現在リオで四つの道場が運営され、4~25歳の千人以上が汗を流す。
 今年8月のオランダでの世界選手権女子57キロ級3位決定戦。ラファエラさんはアゼルバイジャンの選手に接戦の末、払い腰で一本負けした。
 「組み急いだのが敗因。世界とはまだ差がある」とブラジル柔道連盟関係者。ラファエラさんは「五輪で国歌演奏を聞きたい」と再挑戦を誓った。(リオデジャネイロ共同=名波正晴)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 五輪をテレビで見るには=全部見るならSporTV2016年8月6日 五輪をテレビで見るには=全部見るならSporTV  リオ五輪の地上波生放送はTVグローボ局、バンデイランテス局、レコルジ局が主力。無料で見られるが、人気の高いブラジル代表の中継が中心となる。日本代表の試合中継はそれほど多くない。 その点、全42競技全種目を網羅しているのはスポーツTV(SporTV)だが有料放送。契約が必要。  […]
  • ■ひとマチ点描■家族3人でリオ五輪目指す2016年1月21日 ■ひとマチ点描■家族3人でリオ五輪目指す  「ブラジルで主夫しています」と話すのは藤井陽樹(はるき)さん(28、群馬)。妻である柔道ブラジル代表のコーチ裕子(ゆうこ)さん(33、愛知)に帯同するため、支援学校教員を辞め13年に渡伯した。ブラジルで誕生した清竹(きよたけ)くん(1月に2歳)と3人でリオ暮らしをする。たまた […]
  • 東西南北2017年9月5日 東西南北  2日、サンパウロ市ブリガデイロ・ルイス・アントニオ大通りを走行中のバスの中で女性の恥部に触った上、逃げようとした女性を捕まえて性器を押し付け、自慰行為を行ったとして、ジエゴ・ノヴァイス容疑者(27)が逮捕された。同容疑者がバスの中で同様の犯罪を繰り返したのは少なくとも17回目 […]
  • ブラジル五輪委=東京五輪出場枠確保に意欲=各種目で世界選手権続々開催2018年8月2日 ブラジル五輪委=東京五輪出場枠確保に意欲=各種目で世界選手権続々開催  2020年7月24日に開幕する東京五輪まであと2年を切り、7月31日付ブラジル現地紙が「今年中に五輪出場権が決まる種目」として、はやくも18年中に出場、不出場の命運が分かれる種目や選抜の様子を伝えている。  同記事で紹介されている種目中、最も早く五輪出場権が決まるの […]
  • 県連会議=期待される日本側注力の取組み=日本祭り準備いよいよ大詰め=会場工事完了、黒字予測に2016年5月31日 県連会議=期待される日本側注力の取組み=日本祭り準備いよいよ大詰め=会場工事完了、黒字予測に  いよいよ目前に迫ってきた日本祭り(7月8~10日)――。ブラジル日本都道府県人会連合会(山田康夫会長)の「5月度代表者会議」が25日、文協ビル同会議室内で行われ、第19回日本祭り、県連創立50周年記念式典に関する議題などの報告が行われた。赤字額27万9千レアルと見込まれていた […]