ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

ニッケイ新聞 2009年10月27日付け

 24日夜、リベルダーデ区であった「国立韓国バレエ団」のサンパウロ公演に足を運んだ。絢爛豪華な衣装、一糸乱れぬ太鼓、息もつかせぬ展開の伝統舞踊に圧倒された。韓伯修好50周年を記念したもので、韓国総領事がもちろん出席していたが、何と大部一秋、栄子総領事夫妻の姿も。最後には記念写真を撮影、日韓友好の場ともなったよう。
     ◎
 カンポス・ド・ジョルドン市の高齢者福祉施設「カンポスさくらホーム」。援協傘下の高齢者福祉施設の中でも介護をあまり必要としない入居者を対象としていたが現在、試験的に軽度要介護の入居希望者も受け入れている。年々入居者の高齢化に伴い、介護の必要性が出てきていることもあるとか。
     ◎
 来週月曜日に開催予定のレジストロ灯篭流し。現在、三つの団体がツアーを予定。「リベルダーデ歩こう会」は2日の午後1時出発、3日の午前4時半に帰聖予定。「日蓮宗」は2日の午前8時出発、3日の昼過ぎに帰聖予定、鳥取県人会は31日午前6時出発、3日早朝に帰聖予定。日程や金額、ツアー内容は少しずつ異なるため、事前に確認の上、申し込みが必要。毎年雨天が多いという同イベント。天気予報と行程を睨めっこしながら予定を組む必要がありそうだ。

image_print

こちらの記事もどうぞ