ホーム | 日系社会ニュース | 日伯音楽協会=第15回ブラジル紅白=カラオケと楽団伴奏で=12月6日

日伯音楽協会=第15回ブラジル紅白=カラオケと楽団伴奏で=12月6日

ニッケイ新聞 2009年11月27日付け

 日伯音楽協会(音協、上岡正雄会長)は12月6日午前9時から、ブラジル日本文化福祉協会大講堂(R. Sao Joaquim, 381)で「第15回ブラジル紅白歌合戦」を開催する。入場無料。
 15歳から80歳以上の歌手が紅白に分かれて歌を披露。今年は15回目の節目を迎えるため、いつもと趣向を変え、午前中はカラオケを20組、午後2時から楽団伴奏で25組が出場する。演奏はザ・フレンズ楽団。
 歌謡曲や演歌のほか、民謡の歌手も参加。特別出演として日本舞踊や、戸塚マリ舞踊教室が歌合戦を盛り上げる。
 また、日本の歌謡界を代表する作曲家で、昨年12月に亡くなった遠藤実さん(享年76歳、東京都)を偲んだ歌のコーナーも行う予定。遠藤さんが作曲した作品10曲を出場歌手が披露する。遠藤さんが会長を務めていた日本大衆音楽文化協会(Jacom)は音協が開催する歌謡祭など後援している。
 案内のため、本紙を訪れた羽田宗義実行委員長、石井久順・堀見憲生両顧問によれば、同大会はNHKから海外で行う紅白歌合戦として唯一「後援」を得ているという。羽田実行委員長らは「今年は一風変わった紅白です」と来場を呼びかけた。
 来場者には、1キロの保存の効く食品や日用品の持参を呼びかけている。これらは希望の家に寄付される。
 問い合わせは同協会(電話=11・3277・8433)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 「日本人の心の歌」16日=故郷の映像も楽しんで2009年8月14日 「日本人の心の歌」16日=故郷の映像も楽しんで ニッケイ新聞 2009年8月14日付け  【既報関連】コロニアの歌の祭典「日本人の心の歌」チャリティー・ショーが十六日午前十時から文協大講堂(R. Sao Joaquim, […]
  • 文協古本市=マンガなど9千冊2009年10月27日 文協古本市=マンガなど9千冊 ニッケイ新聞 2009年10月27日付け  ブラジル日本文化福祉協会図書委員会は11月8日午前9時から文協ビル展示室(R. Sao Joaquim, 381)で古本市を催す。 […]
  • ピッコロ女声合唱団=35回コンサート=18日2009年10月9日 ピッコロ女声合唱団=35回コンサート=18日 ニッケイ新聞 2009年10月9日付け  ピッコロ女声合唱団(足立弘子会長)は18日午後4時から5時半頃まで、「第35回春のコンサート」を文協小講堂(R. Sao Joaquim, 381)で開催する。 […]
  • 文協=古本まんが市、8日=約9千冊を販売2009年11月7日 文協=古本まんが市、8日=約9千冊を販売 ニッケイ新聞 2009年11月7日付け  文協図書映画委員会(林まどか委員長)は8日午前9時から午後3時まで、文協展示室(図書館階下、R. Sao Joaquim, […]
  • 佛心寺がお盆法要=11月1日2009年10月31日 佛心寺がお盆法要=11月1日 ニッケイ新聞 2009年10月31日付け  曹洞宗南米別院佛心寺(R. Sao Joaquim, 285, […]