ホーム | 日系社会ニュース | 援協定例会で10月落成報告=イペランジアホームの増築

援協定例会で10月落成報告=イペランジアホームの増築

(左から)岡本さんと与儀会長

(左から)岡本さんと与儀会長

 サンパウロ日伯援護協会(与儀昭雄会長)の6月定例役員会が、先月22日、同会本部会議室で開催された。
 冒頭、同会傘下の施設でJICAボランティアとして2年間の任期を終えた岡本洋美さんと仙田実愛さんに感謝状が贈られ、任務を無事に終えた二人は謝意を滲ませた。
 その後、先月12日に亡くなった菅野鉄夫元評議員第一副会長を偲び一分間の黙祷が行われたほか、カンポスさくらホームの原マリコ・ルシアネホーム長が在外公館長表彰を受けたことが報告された。4つの高齢者介護施設の入居費が7月から改訂されることが承認された。
 その後、各委員会や各施設から月例報告が行われた。イペランジャホーム増築については順調に工事が進み、10月10日午前11時から落成式が行われることなどが報告された。
 なお、日伯友好病院を除く6月の決算は約51万レアルの赤字を計上。病院を含めた全体では約851万レが計上された。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 援協が新体制で1月定例会=創立60周年キャンペーン承認2019年1月30日 援協が新体制で1月定例会=創立60周年キャンペーン承認  サンパウロ日伯援護協会(与儀昭雄会長)は「1月定例役員会」を24日、援協本部ビルで開催した。19、20年の新執行部が発足してから初の役員会となった。  議事及び報告では、日伯福祉援護協会の定款改訂、ならびに、援協創立60周年記念キャンペーンの実施が承認された。   […]
  • 《ブラジル》移民110周年=環境音楽家ファビオさん=野鳥の囀り入れた楽曲披露2018年4月25日 《ブラジル》移民110周年=環境音楽家ファビオさん=野鳥の囀り入れた楽曲披露  環境音楽家のピアニスト、ファビオ・カラムルさんが15日午前、サラ・サンパウロでコンサートを行なった。約2時間もの公演では日本とブラジルの鳥の囀り、録音した虫の声などを基に作曲した約20曲を披露し、観客を癒した。後援は日伯文化連盟(アリアンサ)、レストラン木下。ブラジル […]
  • 鱒料理が味わえる「高原」=避暑地カンポス・ド・ジョルダン2019年1月10日 鱒料理が味わえる「高原」=避暑地カンポス・ド・ジョルダン  「昨晩サンパウロは30度の熱帯夜だったそうですが、カンポスは12度でしたよ」――標高1600メートルもあり、「ブラジルのスイス」と名高い避暑地サンパウロ州カンポス・ド・ジョルダン市。そこにある日本食レストラン「高原」(Trav. Isola Orsi, […]
  • 援協定例役員会=さくらホーム、日本庭園造園を承認=スザノで来月ダリア祭も2018年2月23日 援協定例役員会=さくらホーム、日本庭園造園を承認=スザノで来月ダリア祭も  サンパウロ日伯援護協会(与儀昭雄会長)は、『2月度定例役員会』を22日午前11時半から、援協本部ビルで開催した。  冒頭、日本移民110周年記念祭典委員会の菊地義治実行委員長が、資金調達を目的としたリッファ販売にあたり、その約1割の販売協力をした援協に謝意を述べた。 […]
  • ブラジル公教育に柔道導入を!=「国家百年の計で人創り」=2020年以降、必修化か2018年3月9日 ブラジル公教育に柔道導入を!=「国家百年の計で人創り」=2020年以降、必修化か  東京五輪の2020年にブラジル公教育に柔道導入を――16年10月に日本国文部科学省と伯スポーツ省との間で、「スポーツ分野における協力覚書」が締結されたことを機に、日本政府の国際貢献事業「スポーツ・フォー・トゥモロー」の一環として、本年度から「柔道導入プロジェクト」が開 […]