ホーム | ブラジル国内ニュース(アーカイブ) | 墓地近隣の地下水は危険=死体の腐敗水が汚染源=肝炎や結核、猩紅熱も

こちらの記事もどうぞ

  • ソサイチの大泉、初戦に快勝=関東リーグ制覇へ首位発進=サンパウロの国際連盟から祝辞も2017年1月13日 ソサイチの大泉、初戦に快勝=関東リーグ制覇へ首位発進=サンパウロの国際連盟から祝辞も  【既報関連】サッカー7人制競技「ソサイチ」で、日本国内初の総当たり戦「関東リーグ」が7日開幕した。ブラジル人を中心に構成された「ニューセントラル大泉」も参戦しており、4―0の快勝で好スタートを切った。また開幕式典では、サンパウロにある国際連盟から祝辞が寄せられ、大泉所属の […]
  • 大耳小耳2013年12月19日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2013年12月19日  県連の代表者会議で「コロニアを挙げて、W杯観戦に訪れる日本人観光客の受け入れ態勢を」と呼びかけた宮城県人会の中沢宏一会長。さらに話を聞くと「各県の国際交流協会などの推薦を応募条件にすれば、マナー知らずの無礼者を篩いにかけることもできる。日 […]
  • 大耳小耳2012年7月13日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2012年7月13日付け […]
  • 後継者の発掘は困難に?=コーヒー生産者が高齢化2012年6月26日 後継者の発掘は困難に?=コーヒー生産者が高齢化 ニッケイ新聞 2012年6月26日付け  ミナス州南部と南東部のコーヒー園などで行った調査によると、後継者の発掘は年々困難になっていると23日付フォーリャ紙が報じた。 […]
  • 障害者にエイズ予防教育=7人のろう者自らが考案2011年7月28日 障害者にエイズ予防教育=7人のろう者自らが考案 ニッケイ新聞 2011年7月28日付け  7人のろう者が非識字層の障害者にエイズ教育を行う『プロジェクトたんぽぽ』が、ペルナンブッコ州で行われている。15日にサンパウロ市のニッケイパラセホテルでその責任者らが記者会見し、その概要を説明した。 […]