ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

ニッケイ新聞 2010年4月9日付け

 二宮金次郎の怒りー? 文協ビル大講堂入り口コンクリートに大穴が開いている。不透明会計で60万レアルが消え、会館売却を決めた神奈川文化援護協会の二宮像の台座を7日夜に運んだ際、トラックの補助脚が像の重みで陥没した。当の二宮像は文協事務局前にポツネン。母県で募金活動、多くの浄財が集められたものだったが…。11日に移転セレモニーが行われるというが、同像受け入れプロジェクトの実行委員長で、会計問題の中心人物である元副会長は出席するのかな?
     ◎
 2回目となる日本祭りを開催するラール・アンジョ・ガブリエル養護施設。同施設は2008年までサンパウロ市の補助を受けて運営していたが、市から一般児童の受け入れを求められるようになり、貧しい子供達の支援を優先する同施設の方針から援助は打ち切り。その結 果、昨年度の生徒受け入れ数は前年の170人から60人へと激減したという。施設のボランティアはバザーを開催するなど運営費の捻出に力を注ぎ、その活動の中で日本祭りも始まった。案内に来社した富田ゆきさんによれば、昨年の第1回には約300人が訪れ、その収入で今年90人の子供を受け入れることができたそうだ。
     ◎
 日本政府の行政刷新会議が4月下旬の「事業仕分け」第2弾で取り上げる独立行政法人に関して、候補を54法人に絞り込んだことが明らかになった。日本の報道を見ると、外務省所管の独立行政法人では、昨年実施された第1弾の仕分けに続いて国際協力機構(JICA)が候補として挙がっているようだ。共同通信によれば、今後、事業内容を精査し、20日の会合で正式決定するという。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • アユタヤ日本人町の二の舞を演じるな=サンパウロ新聞廃刊について思うこと2019年2月5日 アユタヤ日本人町の二の舞を演じるな=サンパウロ新聞廃刊について思うこと  昨年末をもってサンパウロ新聞(以下、サ紙)が廃刊した。あちこちから「それについて書かないのか」とせっつかれる。他人ごとではないだけに非常に気が重いテーマだ。まず思い浮かぶのは「お疲れさま。お互いよくここまで持った」という感慨だ。110周年まで日刊2紙が生き残ったこと自 […]
  • 第2回リオ祭り=昨年1割増し4万4千人入場=カリオカも日本文化に夢中=日本食、和太鼓、コスプレも2019年2月1日 第2回リオ祭り=昨年1割増し4万4千人入場=カリオカも日本文化に夢中=日本食、和太鼓、コスプレも  日本移民110周年記念として、昨年から始まったGLイベンツとTASAイベンツ共催の『第2回リオ祭り』が25、26、27日の三日間、リオ市のリオセントロ・コンベンション・イベントセンター第4パビリオンで盛大に開催された。リオ最大規模の日本祭りで、昨年よりも1割多い、延べ […]
  • あけましておめでとうございます2019年1月8日 あけましておめでとうございます  ニッケイ新聞読者の皆様、あけましておめでとうございます。  旧年中はブラジル日本文化福祉協会およびブラジル日本移民110周年記念祭典委員会に対し、温かいご理解ご協力を頂き、誠にありがとうございました。  昨年は、ブラジル日本移民110周年を記念する祭典がブラジル各 […]
  • インダイアツーバ日本祭り=4日間開催、1万2千人来場2018年11月9日 インダイアツーバ日本祭り=4日間開催、1万2千人来場  サンパウロ州インダイアツーバ市内のイベント会場で10月11から14日の間、『第3回インダイアツーバ日本祭り』が開催され、約1万2千人の来場者を記録した。インダイアツーバ日伯文化体育協会(Acenbi)とタサ・エヴェントス社の共催。  祭りでは芸能発表やワークショップ […]
  • 《ブラジル》22歳、初出馬で46万票!=カタギリ次期下議に直撃取材=奈良県人会でボランティアも2018年11月2日 《ブラジル》22歳、初出馬で46万票!=カタギリ次期下議に直撃取材=奈良県人会でボランティアも  若干22歳、初出馬でなんと46万5310票も集めて連邦議員にみごと当選した話題の日系人、キム・カタギリさん(22、三世)を10月24日に取材した。サンパウロ州選出の連邦下議の中では4番目だ。このような新しい〃大波〃によって下院議員全体の3分の2が入れ替わった。ジョルナ […]